なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

一人暮らしで生活費はいくらかかるか?食費の節約方法は?コツは?

   

188232_R

一人暮らしを始めると、
生活費が気になるものです。

自分で仕事をして稼いでいても、
十分な収入があるとは限りません。

なので、毎月少しでも貯金をしたいと思うが、
なかなかできない方が多いのが実態のようです。

でもそんな時悩むのが、
「一人暮らしで生活費を節約するにはどうしたらいいか」
ではないでしょうか。

「一人暮らしで生活費を節約するには食費に注目!」と言いますが、
本当に、そうなのか?

何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

一人暮らしの生活費はいくらかかるか?

一般的に、
一人暮らしの生活費は、家賃として、4~5万円。
生活費として、約8万円。合計12~13万円必要です。

おおよそ、生活費の8万円で、光熱費や食費、
その他生活に必要なものを全て賄うことになります。

無論、地方に行けば、家賃や物価が低くなり、
この額よりは少ない費用で生活できます。

ただし、この合計12~13万円は正味、
最低限の生活に必要な金額なので、
病院代やNHKの受信料、貯金などを考えると、
これにプラス1~2万円は必要になります。

ということで、およそ月に、15万円あれば、
贅沢はできませんが、少しは貯金もでき、
普通の生活はできると考えていいでしょう、

一人暮らしの食費の節約方法は?

基本的には、
一人暮らしの食費の節約方法は、
外食はやめて、自炊して節約することです。

 POINT! 

食材に関しては、
・ 肉や魚、野菜などは、スーパーの特売の日を
  見計らって購入したり、見切り品を安く購入する
・ 卵・乳製品は、スーパーの広告などでまめにチェックする
・ 冷凍食品や、レトルト、缶詰などの保存の利く食材は、
  特売の日にまとめて購入する
・ 100円ショップやスーパー・コンビニなどの
  プライベートブランドの商品を有効に活用する
・ 勤務先にはお弁当・飲み物を持参する

これを意識するだけで、結構、食費の節約になりますので、
参考にして下さい。

スポンサードリンク

また、お菓子などの嗜好品を必要以上に買わないことも
節約するポイントです。

特に用事がない時は、極力コンビニには、
立ち寄らないことをおすすめします。

コンビニは立ち寄るだけで、入店の時には、
考えもしていなかったものを購入してしまうことが、
よくあるので、要注意です。

また自動販売機で定価の飲料水を購入することも、
細かいことですが、毎日の積み重ねを考えると、
節約のポイントになります。

一人暮らしの節約のコツは?

基本的には、
一人暮らしの節約のコツとしては、
まず一月にいくらお金を節約したいのか、目標を決め、
2、3ヶ月の自分のお金の使い道を調べて整理し、
かかっている金額が多い順に、具体的な削減額を設定して、
に取り組むことです。

具体的には、

1.一月に節約する金額を決める
2.2、3ヶ月、お金の使い道を、レシート、領収書を
  必ず捨てないで持ち帰り、整理する
3.一月のお金の使い道を、
  ・光熱費
  ・衣服
  ・通信費(スマホなど)
  ・交際費
  ・食費
  などのカテゴリ毎に分類する
4.分類が終わったら、金額の多い順に並べる
5.最初に立てた目標金額を達成できるように、
  金額の多いベスト3までのカテゴリで
  削減する金額を決め、取り組む

大抵の場合、このアプローチで、
最初に決めた金額の節約はできるはずです。

まとめ

一人暮らしは多くの方が一度は憧れ、
経験される方も多いです。

でも実態は、生活が結構厳しく、
節約をされている方が多いです。

一人暮らしですと生活費は月に15万円ほど必要です。

若い方には、ちょっと厳しい金額ですね。

でも収入が一定なら、支出を抑える為に、
節約が必要になります。

まず手っ取り早いのが食費の節約です。

次に自分のお金の使いみちを把握して、
節約することが大切です。

節約をやりだして、実際にお金が浮くと、
案外やりがいも出てきたりして嬉しいものです。

あなたも是非、節約に励んでみて下さい!

スポンサードリンク

 - ライフスタイル ,