なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

高速バスの予約の仕方は?いつからすべきか?変更は可能か?

   

554cc43dc10f98814288ac5fdc7ffc6f_m_R

遠方への移動や旅行で、交通費を安くしようと、
高速バスを利用する方が多いです。

大抵、遠方への移動は、夜中の場合が多いので、
時間を有効活用できることも、
高速バスが人気であることの理由の一つですね。

でも、いざ高速バスの予約をしようと思っても
「一体どうやって予約すれば良いのか」
「いつからすべきか?」
「予約の変更は可能なのか?」
色々疑問に思うことも多いのではないでしょうか。

「高速バスはネット予約が簡単!」と言いますが、
本当に、そうなのか?

何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

高速バスの予約の仕方は?

一般的に、
高速バスの予約の仕方は、
インターネット予約と電話予約、窓口予約の3種類あります。
最近は、インターネット予約が主流です。

インターネットだと、高速バスの空席照会、予約、
決済、発券まで全てオンラインで可能です。

東京や大阪など大都市との間を往復する高速路線バスは、
複数の会社が参入していて利用可能ですので、
まずは各社のサイトで、乗車時間や場所、料金、早割有無などで、
自分の希望に合う会社の高速バスを選びましょう。

支払いは、
・クレジットカード決済
・コンビニ決済
・窓口での現金決済

の3種類を選ぶことができます。

最近は、窓口での現金決済は少なくなっています。
窓口での予約は、事前に窓口へ出向く必要があり、
面倒なので、最近は、ほとんどの場合、
インターネットまたは、電話での予約です。

特に、インターネットでの予約、決済の場合は、
人を介さずに行われる分、安くなることがあるので、
ホームページでよく確認しましょう。

特にクレジットカート決済の場合は、
自宅のプリンターで発券可能なので、
とても便利で、おすすめです。

また、コンビニ決済は、各コンビニにあるサービス機器で、
発券の手続きを行い、その場で現金による支払を行います。

スポンサードリンク

高速路線バスは、往復割引や早割などがあり、
お得に利用することができるので、
高速路線バスを利用する可能性がある場合は、
早めに高速路線バスのホームページなどで、
情報を確認することをおすすめします。

高速バスの予約はいつからすべきか?

基本的には、
座席の確保や、早割などの割引を利用する為に、
予定が決まったら、速やかに予約をするべきです。

多くのバス会社は、一ヶ月前もしくは、
一ヶ月と一日前から予約できます。

ただし、高速バスの会社によって、
異なる場合もあるので、利用するバス会社の
ホームページで予め確認しておくことをおすすめします。

高速バスは、繁忙期や曜日により運賃が変動します。
ほとんどの高速バスは、金曜日や祝日の前の日、
連休の前後などは需要がある為、
料金は高くなります。

直前割などを扱っている会社もあるので、
高速バスを利用する可能性がある場合は、
事前にサイトで確認するようにしましょう。

 POINT! 

特に、人気のルートは、予約開始と同時に、
結構早く座席が埋まってしまい、予約できなくなりますので、
予定がある場合は、速やかに予約しましょう。

高速バスの予約の変更は可能か?

基本的に、
高速バスの予約の変更は可能です。

最近は、インターネットで簡単に予約変更できます。

特に高速路線バスの場合、
予約を正規料金で行った場合は、
「変更可能」かつ「手数料無料」、
もしくは、変更手数料が、
「100円程度」であるところが多いです。

更に、早割で購入したとしても、
高速路線バスの場合は、「ツアーバス」に比べると、
変更手数料が、かなり安い場合が多いです。

ですので、事前に変更の可能性があるのであれば、
JRバスなどの高速路線バスを予約されることを
おすすめします。

ツアーバスの場合、基本がツアーなので、
キャンセルや変更には相当な制限が、
かかることが多いので、利用する場合は、
日程が確定してからにしましょう。

まとめ

遠方への移動や旅行で、交通費を安く済ませたい場合は、
高速バスを利用しましょう。

高速バスの予約は、通常インターネット予約になります。
もちろん、電話での予約も可能です。

早割など、一定の日数前までに予約、支払い完了すると、
大幅な割引が期待できるので、高速バスの予約は、
早めに済ませることがおすすめします。

また、変更は、インターネットでできます。

ただし、変更時には、変更手数料がかかる場合があります。
JRバスなどの高速路線バスの場合は、変更手数料が、
100円のところも多いので、変更する可能性が有る場合は、
できるだけ、高速路線バスを利用しましょう。

スポンサードリンク

 - 旅行 ,