なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

端午の節句の鯉のぼりの由来は?色と順番は?吹き流しは?

   

829cf4fbe59f9c79b5acaa0bbd17005d_m_R

端午の節句、5月5日前後になると、
鯉のぼりが、活き活きと風に舞う姿を
見かけるようになりますね。

昔から、子供の日である5月5日には、
鯉のぼりを飾るものと何の疑いもなく
信じている人が多いと思います。

でもよく考えると、
「なぜ5月5日の端午の節句に鯉のぼりを飾るのか?」
疑問に思ったことはありませんか。

「鯉のぼりは子供の立身出世を祈念して飾る!」
と言いますが、本当に、そうなのか?

何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

端午の節句の鯉のぼりの由来は?

一般的に、
中国に古くから伝わる故事に書かれている「登竜門」に
登場する鯉が由来です。

故事によると、
昔、中国の大河である黄河の上流に
それは物凄い勢いで流れ落ちる「竜門」
という名の滝がありました。

その「竜門」を登り切ると、その魚には、
霊力が宿り、天を自由に飛び回ることができる
竜になれると言われていました。

そこで、この「竜門」を登り切ろうと大小幾多の魚達が、
挑戦しましたが、全く歯が立たなかったそうです。

でもある時、一匹の鯉が、この「竜門」に挑戦して、
その急流を見事に登り切り、遂には、竜になったとの
言い伝えがあります。

ここから、子供の無病息災、立身出世を祈念して、
鯉のぼりを飾るようになりました。

POINT!

それは、正に我子も健康に育ち、将来は、
大きく出世して欲しいとの気持を込めたものです。

また、
「わが家に子供が生まれました。どうぞお守り下さい」
と天の神様にお伝えして、守って頂くという意味もあると
伝えられています。

鯉のぼりの色と順番は?

一般的には、
吹き流しを除いて、基本、三匹の鯉のぼりになります。

スポンサードリンク
  • 一番上・・・黒色のお父さん鯉のぼり
  • 二番目・・・赤色のお母さん鯉のぼり
  • 三番目・・・青色の子供の鯉のぼり
の色と順番になります。

二番目はお母さん鯉のぼりではなく、
三番目と同じく、子供の鯉のぼりという説もありますが、
家族でお祝いするという意味では、
この順番がふさわしいと考え、上記のようにご紹介しました。

基本は、この三色と順番になりますが、
子供の数に応じて、四番目以降の鯉のぼりを
追加しましょう。

四番目以降の子供の鯉のぼりの色は、
自由に決められたらよいでしょう。

さて元々、鯉のぼりには、黒色しかありませんでした。

明治になって、赤色が追加されました。

その後、昭和39年の東京オリンピックの影響を受けた
職人さん達が、色々な色の鯉のぼりを作り始め、
今に至っています。

今は、鯉のぼりの多くは、素材に、ポリエステルが
使われており、ナイロンに比べ、着色が良く、
色鮮やかな鯉のぼりが増えました。

鯉のぼりの吹き流しの色は?

一般的に、
鯉のぼりの吹き流しは、五色です。

古い中国の言い伝えにある「五色」から
来ています。

この世の万物は、全て、

  • 木・・・青色
  • 火・・・赤色
  • 土・・・黄色
  • 金・・・白色
  • 水・・・黒色
の5つの要素で作られているという考え方です。

この吹き流しは、魔除けの意味合いもあり、
江戸時代には、お父さん鯉のぼりの上の一番高い場所に、
鯉のぼりと一緒に飾られてました。

ですから、鯉のぼりには、
立身出世の意味合いに加え、無病息災の意味も
込められていると言えます。

まとめ

端午の節句の鯉のぼりの由来は、
中国の故事にある「登竜門」に出てくる
鯉が由来です。

黄河の「竜門」という急流を登り切ろうと
多くの魚達が挑戦しましたが、唯一成功したのが、
鯉でした。
この「竜門」を登り切った鯉は、竜になったそうです。

ここから、子供の立身出世を祈念して、
鯉のぼりが飾られるようになりました。

色は本来、黒のみでしたが、明治時代に、赤色が追加され、
昭和39年の東京オリンピックで、他の色も追加された為、
一気に華やかになりました。

いずれにせよ、子供さんのおられるご家庭は、
たとえ小さくても、立身出世を祈念して、
鯉のぼりを飾りましょう!

スポンサードリンク

 - 春の行事 ,