なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

静電気除去のグッズのおすすめは?効果は?車用は?

   

052761

静電気はイヤですね。
特に、秋から冬場にかけて、空気が乾燥した日は、
かなり強いショックを受けることもよくあります。

そんな皆からの嫌われ者、静電気を除去するグッズって
どんなものがいいのか、効果はあるのか、
疑問に思っていませんか。

「静電気は防ぎようがない」って言いますが、
本当にそうなのか?

疑問に思っている方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

静電気除去のグッズのおすすめは?

ご存知の通り、静電気除去用のグッズは
かなり種類もあって、選ぶのに迷うほどです。

100均や、オートバックスなどのカー用品売り場にも
所狭しと商品が並べられていると思います。

あなたもきっと、一度や二度目にしたことがあるのではないでしょうか。

ざっと、種類を上げると、

 1.静電気除去機能付きキーホルダー
 2.静電気除去シート
 3.静電気除去ブレスレット
 4.静電気除去用ネックレス
 5.静電気放電シュシュ
 6.静電気除去ブラシ
 7.静電気除去ストラップ
 8.静電気防止リストバンド
 9.静電気除去クリーナー
10.静電気除去ライト
11.静電気リムーバーハンディチャーム
12.静電気防止スプレー(エレガードなど)

てな具合です。

でも上に紹介した商品は、効果はまちまちで、
効果ありの方もいれば、効果なしの方もおられます。

そこで、とっておきの商品を2点ご紹介します。

1点目は、「サンダーロン」という繊維です。

このサンダーロンという繊維は、どんなに帯電していても
スパークさせないで、放電ができる、
つまり静電気を中和する繊維です。

このサンダーロンという繊維を用いた小物を購入して
いつも身につけて持ち歩くことをオススメします。

サンダーロン繊維を使用した手袋やキーホルダーなどが
市販されています。

自動車用品店などで手に入ります。
お値段も1,000円程度とお手頃なので、一度試してみて下さい。

2点目は、静電気除去機能シューズです。

静電気を逃がす糸を織り込んだ靴です。

車を降りた時ドアに触れるとバチッと来るのは一年中ですが、
秋から冬場の季節は職場の金属製のロッカーや棚に触るのも
恐い場合があります。

色々なグッズを試してみましたが、効果が高かったのは
靴底に静電気を逃す糸を織り込んだ靴を履くことです。

スポンサードリンク

車を降りてすぐにドアを触っても全くバチッときません。
こちらは、なかなか普通の靴屋さんでは置いていませんが、
見かけたら、一度購入して試してみて下さい。

静電気除去のグッズの効果は?

静電気除去グッズの効果は、人によりまちまちと説明しました。

 POINT! 

実は、静電気発生の主な原因は、
着ている衣類の素材の組み合わせにあります。

《衣類の素材》
①塩化ビニール
②アクリル
③ポリエステル
④綿
⑤麻
⑥レーヨン
⑦絹
⑧ナイロン
⑨ウール

上記の各素材の組み合わせで、
静電気の発生のし易さ、しにくさが決まります。

上記の①、⑨の様に番号が離れているほど、
静電気が発生し易くなります。

逆に⑤、⑥の様に番号が近いほど
静電気は発生しにくくなります。

これら9種類の生地の着用時の組み合わせに配慮することで、
体に静電気をためることを防ぐことができます。

静電気に困っている方の多くは、
アクリルとウール等、静電気が発生し易い生地の衣類の
組み合わせを選んでいると考えられます。

静電気除去のグッズの車用は?

車用ということで、静電気除去用のグッズは
たくさん販売されていますが、特別なものは
必要ありません。

まず、車に乗車する時は、バチッとならないために、
ドアノブなどを触る前に地面や壁を軽く触って下さい。
それだけで体にたまった静電気が放電されてバチッとならないはずです。

それでも心配な時は、金属むき出しの車のカギ等に、
金属のキーホルダー等を付けて手のひら全体でぐっと握ります。
それからカギの先っちょで、これから触ろうとする物に
カチッと当てて放電します

この時、体に静電気が残っていると、
チョンと当ててすぐ離すと静電気の痛みが来ますので、
サッとカチッと当てて、2,3秒離さないのがポイントです。

また車から降りる時ですが、完全に降りた時、
金属部分に触れる前に、シートに触れて下さい。

そうすることで、衣類に残っている静電気を逃がすことができ、
静電気のショックを防ぐことができます。

まとめ

静電気除去の対策の一番は、
衣類の素材の組み合わせに注意することです。

できるだけ、静電気が発生しにくい組み合わせの
素材の衣類を着用しましょう。

またサンダーロンという繊維を使った小物を
常時身につけて下さい。

空気が乾燥しているのに、金属を触らないといけない場合、
静電気の恐怖があなたを襲ってきたら、いきなり、金属に触るのではなく、
事前に、地面や壁に手をついて、静電気を逃がしましょう。

そうすれば、空気が乾燥していても、あのバチッは
防ぐことができます。

あなたの静電気除去の対策が成功することをお祈り致します!

スポンサードリンク

 - ライフスタイル ,