なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

インフルエンザの予防接種の効果は?持続期間は?回数は1回でOK?

   

104691_R

インフルエンザの季節がもうすぐですね。
どうせなら、予防接種も早めに済ませたいですね。

でもインフルエンザの予防接種って効果があるのか、
どれぐらい持続するものなのか、回数は1回でいいのか、
疑問点もいくつかあるのではないでしょうか。

何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の効果は?

基本的に、効果はあります。

インフルエンザに限らず、ワクチンは「きわめて弱毒性のウィルス」を
接種する事により、体内に抗体を作ります。 

この為、接種時の体調によっては「ウィルス感染」した時のような
「軽い症状」が出ることもあります。

そして、この時に獲得した抗体によって2度目からは感染しても
発症しにくくなるのがワクチンです。

予防接種すると7割程度はかからなくなります。
また、かかった場合でも比較的軽症で済みます。

と言っても、その効果は、予防接種したインフルエンザと
同じ型のインフルエンザに感染した場合に限られます。

予防接種したインフルエンザの型と異なるインフルエンザに
感染した場合は、効果がなく発症することもあります。

ただ、毎年その年に流行すると予想される
インフルエンザの型のワクチンが用意されますので、
何もしないよりは、効果が期待できます。

という点からも、
予防接種を受ける価値は十分にあります。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の効果の持続期間は?

予防接種をしてから、およそ1~2週後から抗体が上昇し始めて、
2回接種1ヶ月後にピークになり、3~4ヶ月後に低下し始めます。

 POINT! 

予防接種をしてから、およそ5ヶ月間は効果の持続性があります。

10月半ばに接種すると3月半ばまで有効なので、
インフルエンザシーズン中は大丈夫でしょう。

毎年予防接種することで、少しずつ免疫が残っていくので、
基礎免疫がついていきます。

ということで、
毎年予防接種されることをオススメします。

インフルエンザの予防接種の効果の回数は1回でOK?

インフルエンザの予防接種は一回だけするのと、二回する場合で、
効果はあまり変わらないという研究結果が報告されて以来、
老人や幼児などを除いて、一回が主流になっているそうです。

しかし、中には経験的に、二回する方が効果が高いという
意見をお持ちの内科医もおられます。

ただし、アレルギー体質の場合、二回目の接種で
アレルギー反応が出やすいので、
まずは、かかりつけの医師に相談さすることが大切です。

もし、二回接種されるのであれば、4週間程度の間隔が
必要ですので、ご注意下さい。

まとめ

この世に、オールマイティーなワクチンはありません。

有識者が流行すると予想するインフルエンザの予防接種を
受けることは、その緩和効果を考えると接種する価値は
十分有ります。

アレルギー体質、特に卵アレルギーの場合は、
接種に注意が必要です。

いずれにせよ、予防接種をする場合は、回数、接種する時期に関して、
かかりつけの医師によく相談してから行うべきですね。

スポンサードリンク

 - 病気 ,