なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

父の日のプレゼントにおすすめの花は?バラがいいのはなぜ?花言葉?

   

6d5e76f4099581f2f1bc211739463e1b_m_R

6月の第3日曜日は、「父の日」ですね。

父の日には、お父さんに、お花を贈る方が増えているそうです。

でもそんな時、疑問に思うのは、
「母の日にはカーネーションだけど父の日の花は何だろう?」
ではないでしょうか。

「父の日には黄色いバラを贈りましょう!」
と言いますが、本当に、そうなのか?

何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

父の日のプレゼントでおすすめの花は?

一般的に、
「父の日」に、お父さんに贈る花は、
バラをおすすめします。

特に、黄色いバラは「父の日」に贈る花としては、
一番人気です。

ついで人気が高いのは、ひまわりです。

ひまわりの明るいイメージカラーである黄色が、
そのまま、「父の日」の花のカラーと
イメージが重なるのが理由です、

また、その他の花としては、
ゆりの花や、胡蝶蘭などがおすすめです。

いずれも、黄色と白色の花で、
元気で、明るいイメージがあるので、
「父の日」にもピッタリですね。

父の日に贈る花がバラなのはなぜ?

一般的に、
「父の日」に贈る花がバラなのは、
「父の日」を提唱したアメリカの
ジョン・ブルース・ドット婦人が、
父親の墓前に備えた花が白いバラだったことに、
由来しています。

スポンサードリンク

ただし、白いバラは、亡くなった父親に贈るものなので、
それ以外の色、赤や黄色のバラを贈ると良いでしょう。

日本では、特に黄色のバラが人気です。

1981年に設立された日本ファーザーズ・デイ委員会主催の
父の日黄色いリボンキャンペーンで、
幸福の象徴として、黄色を、「父の日」の
イメージカラーとしたことから、
「父の日」に黄色のバラを贈ることが、
一般的になりました。

黄色には、身を守るという意味があり、
大切なお父さんに贈る色にふさわしいということで、
人気化しました。

父の日に贈るバラの花言葉は?

一般的に、
バラの持つ花言葉は、
「愛」「美」「幸福」
です。

それぞれの色が持つ花言葉を、以下にまとめてみました。
参考になさって下さいね。

・赤色 「愛情」「情熱」「美」
・黄色 「友情」「献身」「可憐」「嫉妬」「薄れいく愛」
・白色 「純潔」「清純」「素朴」「心からの尊敬」
・ピンク色 「上品」「気品」「温かい心」「美しい少女」
・オレンジ色 「信頼」「絆」
・青色 「神の祝福」「奇跡」
・紫色 「誇り」「気品」「上品」「王座」

POINT!

以上の色の中で、
白色のバラは、
亡くなったお父さんに贈る意味を持つので、
父の日に贈るのは、控えた方が無難です。

まとめ

母の日にお母さんにカーネーションを贈るように、
父の日にはお父さんにバラやひまわりを贈りましょう。

贈る花の色を選ぶときには、
色が持つ花言葉に注意しましょう。

おすすめは、
赤色と黄色のバラです。

ひまわりも明るい黄色なのでおすすめです。

いずれにせよ、「父の日」には、
毎日、家族のために頑張っているお父さんに、
感謝を込めて、バラやひまわりを贈りましょう!

スポンサードリンク

 - 年間行事 ,