なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

インフルエンザの症状の初期は?くしゃみは?予防接種の効果は?

   

124536_R

冬になると流行するインフルエンザ。

身の回りに、インフルエンザにかかった人がいると、
自分もちょっと喉が痛くなったり、熱が出たら、
インフルエンザに感染したのではないかと疑ってしまいますよね。

でもインフルエンザの症状ってどんな具合なのか?
初期の症状はどんな具合なのか?

普通の感冒と区別がつきにくいので、不安ではありませんか?

具体的にインフルエンザにかかった場合の症状を理解し、
できるだけ初期の段階で病院で診てもらいたいものです。

不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

インフルエンザの症状の初期は?

インフルエンザの症状は、人それぞれですが、
一般的には、

  • 突然の発熱
  • 咽頭痛
  • 鼻汁
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 関節痛
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 易疲労感
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 下痢

など多種多様です。

ただし症状自体は、感冒と似ていますが、
インフルエンザは、ウィルスによる感染症です。

普通の感冒より症状が強く、重篤感も強いです。

初期の症状としては、

  • 喉が痛い
  • 熱がある
  • 鼻水が出る

になります。

残念ながら初期の状態では、
インフルエンザかどうかは、医師でも簡単には
判別できません。

検査キットでは、感染して熱が出始めて、
およそ8時間以上経過しないと、インフルエンザに
感染しているかどうかの判定もできません。

ですから、微熱程度で病院に行くと、大抵検査結果は、
陰性になります。

もし熱が上がったら、すぐに病院に来るように指示され、
再検査されます。
その時は、大抵陽性反応が出るようです。

 POINT! 

いずれにせよ、医師ですら、感冒とインフルエンザを
区別するのは難しいので、初期の症状が出たら、素人判断せず、
早めに医師に診てもらうことをオススメします。

スポンサードリンク

微熱の時は、陰性の判定になるかもしれませんが、
免疫力のない小児では脳炎・脳症、
高齢者では肺炎の合併が原因で、
死亡する場合もあるので、早めに
医師に診てもらうことが大切です。

インフルエンザの初期の症状でくしゃみは?

人によっては、くしゃみが出る方もおられます。

普段から、アレルギー性鼻炎の方は、そちらの影響も
考えないといけません。

ただし、くしゃみの場合は、その飛沫を通して、
他人にウィルスを感染させる可能性が大きくなるので、
必ずマスクをするようにしましょう。

ご家庭でも家族と同居されている場合は、お家の中でも
マスクすることをオススメします。

インフルエンザの症状で初期に予防接種の効果は?

基本的に、インフルエンザの予防接種を受けることで、
初期の症状に効果があります。

予防接種をすることで、体内に抗体を作り、
感染しても発症しにくくなるからです。

実際に予防接種すると7割程度はかからなくなります。
また、かかった場合でも比較的軽症で済みます。

毎年その年に流行すると予想される
インフルエンザの型のワクチンが用意されます。

予防接種をしてから、およそ1~2週後から抗体が上昇し始め、
予防接種の効果が期待できます。

予防接種をしてから、およそ5ヶ月間は効果の持続性があります。

予防接種を受けるのであれば、10月半ばに接種することを
オススメします。

そうすることで、3月半ばまで予防接種の効果が持続しますので、
インフルエンザのシーズン中は大丈夫でしょう。

また、毎年予防接種することで、少しずつ免疫が残っていくので、
基礎免疫がついていきます。

ということで、
毎年予防接種されることをオススメします。

まとめ

インフルエンザの症状は人それぞれ異なりますが、
初期の症状としては、

  • 喉が痛い
  • 熱がある
  • 鼻水が出る

です。

微熱の場合、インフルエンザの検査で判定できない場合が
ありますが、普通の感冒より症状が強く、重篤感も強い為、
早めに医師に診てもらうことをオススメします。

予防接種すると7割程度はかからなくなります。
また、かかった場合でも比較的軽症で済みますので、
予防接種は、毎年必ず受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 病気 ,