なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

おみくじを結ぶ意味は?場所の名前は?破れたらどうする?

   

225ea87e2a30d85632965827f1b0675e_m_R

お正月は、何はともあれ、おみくじと言う方も
多いのではないでしょうか。

おみくじを引いて、正月からハイになる方も、
ブルーになる方もおられるかもしれませんね。

ところで、おみくじを引いた後、
木の枝などに結ぶ場合が多いですが、
何か意味があるのか、気になりませんか?

良くないおみくじは持ち帰らず、
木の枝に結ぶのが普通と言いますが、
本当に、そうなのか?

運を逃がさないために、
何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

おみくじを結ぶ意味は?

引いたおみくじを結ぶ意味は、
凶や大凶など良くないおみくじを、境内の木の枝などに
結びつけ、さらなるご加護をお願いするという意味があります。

 POINT! 

本来は、
おみくじが凶や大凶など、良くない場合、、
それらが、吉に転じるようにお願いする時、
神社の境内の木の枝などに結びつけます。

ただし、おみくじを結ぶには諸説があり、、
「結ぶ」が、「縁結び」に通じることから、
祭神に縁結びの神徳がある神社でのみ行われていたものが、
祭神に関係なく、どの神社でも行われるようになったとの説や、
二月堂のように千枚通しのようなものにおみくじを
刺すというようなところもあります。

本来は、木々の持つみなぎる生命力にあやかり
願い事がかなうように結ぶものです。

しかしながら、近年、木に結ぶと木の生育が悪くなる為、
木々を守る為、直接結ぶ事をなるべく避け
おみくじを結ぶ為の場所を、別途用意している寺社が
多くなりました。

スポンサードリンク

指定の場所がある場合は、必ずそこに結びましょう。

おみくじを結ぶ場所の名前は?

一般的に、おみくじを結ぶ場所は、
「おみくじ結び所」
と呼ばれています。

ですから、おみくじ結び所がある神社では、
他の場所、特に木の枝などには決して、
結ばないようにして下さい。

また当然のことですが、
おみくじをむやみに捨ててはいけません。

その場で結ぶにせよ、持って帰るにせよ、
神様と縁を結ぶ為、時が経ったら、
境内に結んで下さい。

ただ、後日おみくじを結ぶ場合、
必ずしも、おみくじを引いた寺社でなくても問題ありません。

おみくじを結ぶ時に破れたらどうする?

基本的に、おみくじを結ぶ時に破れても
何ら問題ありません。

破れたり、千切れてしまっても罰はあたりませんから、
ご安心下さい。

故意にひどく破ったなら別問題ですが、そうでなければ、
全く問題ありません。

万物を生み出した寛容な神様は、
おみくじを、誤って破ったくらいで
罰を与えるような低次元な存在ではありません。

おみくじを結ぶ時、破れないかどうか、
どうしても心配なあなたは、以下の手順で、結ぶといいですよ。

1.おみくじを長細くなるように、3折りくらいして細くする
  (分厚くなるので、破けません)

2.普通に長く太くなった状態で人結びする

まとめ

初詣では多くの人がおみくじを引きます。

そして多くの人が、そのおみくじを
境内の木の枝などに結びます。

ただ、むやみやたらな場所に結ぶのは控えましょう。
特に、木の枝などに結ぶと木の生育が悪くなる為、
「おみくじ結び所」
など、おみくじを結ぶ場所が指定されている場合は、
必ず、そこに結ぶようにしましょう。

無論、おみくじを結ぶ時は、
神様にお祈りをしながら結んで下さい。

あなたの祈りが、しっかりと神様に届くようにね!

スポンサードリンク

 - 正月 ,