なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

結婚式の祝儀のマナーとは?相場は?欠席する場合はどうすべきか?

   

128132_R

春のブライダルは、
季節的にも良いシーズンで、
とてもお目出度いものです。

そんな時期だからこそ、
結婚式をあげるカップルも多いものです。

ということは結婚式に招待される機会も
増えることになりますね。

でもそんな時悩むのが、祝儀のマナー
のことではないでしょうか。

結婚式の祝儀は一律、3万円でいいのか?
本当にそうなのか?

何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

結婚式の祝儀のマナーとは?

一般的に、
ご祝儀袋を用意して、結婚式当日、
袱紗(ふくさ)に包んで持参し、受付に渡します。

ご祝儀袋は、一度結んだらほどけない結び方で、
水引が、「一度きり」の意味を持つ「結びきり」
のご祝儀袋を使います。

中袋には、事前に用意した新札を入れます。

結婚式当日は、ご祝儀袋を袱紗(ふくさ)に包んで持参し、
受付で、「おめでとうございます」とお祝いを述べ、
袱紗(ふくさ)から祝儀袋を取り出して、心を込めて贈ります。

袱紗(ふくさ)のお色は、
男性の場合は、藍色や紺系
女性の場合は、朱色や紫
がオススメです。

結婚式のマナーで祝儀の相場は?

一般的に、
ご祝儀の相場は、新郎新婦との関係で変わりますが、
金額の目安は、3万円です。

ご祝儀は、贈る気持ちがまず第一に大切です。

 POINT! 

いくら包むかは、新郎新婦との関係や、
同じ結婚式に出席される他の人たちとの関係で
変わってきます。

以下に、新郎新婦との関係から見た、おおよその
相場をご紹介します。
あくまで目安として、参考になさって下さいね。

<ご祝儀のおおよその相場>

スポンサードリンク
新郎新婦との関係 20代 30代 40代
兄弟・姉妹 5万円 5万円 5~10万円
甥・姪 3万円 3~5万円 5万円
いとこ 2~3万円 3万円 5万円
会社の上司 3万円 3万円 5万円
会社の同僚 3万円 3万円 3万円
会社の部下 2~3万円 2~3万円 3万円
友人・知人 2~3万円 3~5万円 3~5万円

なお、夫婦で出席される場合、ご祝儀は
二人分まとめて贈ります。

一般的には、5万円を贈られる場合が多いです。

ただし、新郎新婦との関係次第では、5万円では少ないと感じる場合は、
7万円贈ってもよいでしょう。

あと注意点ですが、
以前は、偶数は割り切れてしまう為、縁起が悪いということで、
2万円は敬遠されてきました。

最近は、夫婦(ペアー)の意味で、2万円も市民権を
得てきたようで、さほど深く考えなくても良いでしょう。

ただ、縁起を担ぐ新郎新婦もおられるので、
2万円を包む場合は、贈るお札を3枚にする為、
1万円札1枚と5千円札2枚を贈ると良いでしょう。

結婚式に欠席する場合のマナーとして祝儀はどうすべきか?

基本的には、
出席する場合に贈るご祝儀の金額の半分~3分の一を贈ります。

ですから、ご祝儀として3万円贈る予定だった場合は、
1万円を贈れば良いでしょう。

この場合は、現金ではなく、お祝いの品物を贈っても良いです。
その場合は、あらかじめ新郎新婦に希望する品物を、
2、3候補として聞いておくことをオススメします。

カタログギフトなんかもいいですね。

まとめ

結婚式の祝儀のマナーとして、
新札とご祝儀袋を用意します。

ご祝儀袋は、水引きが「結びきり」のものを
用意します。

相場は、新郎新婦との関係にもよりますが、
おおよそ3万円になります。

やむを得ない理由で、結婚式に行けない場合は、
贈る予定だったご祝儀の半分~3分の一の現金、
または、お祝いの品物を贈ります。

いずれにしても、新郎新婦の晴れの門出なので、
心を込めてお祝いしてあげましょう!

スポンサードリンク

 - 結婚式 ,