なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

ノロウイルスの症状の特徴は?軽症の場合は?重症だとどうなるのか?

   

055341_R

秋も深まり、寒くなってくると、
ノロウイルスの季節になります。

ノロウイルスに感染すると、
嘔吐や、下痢、発熱が大変と聞きますが、
一体、ノロウイルスってどんな病気なのか
よくわからないと思いませんか。

感染しやすいと聞くけれど、
何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

ノロウイルスの症状の特徴は?

一般的に、ノロウイルスの症状は、
・吐き気、嘔吐
・腹痛、下痢
・発熱(約37~38℃)
になります。

ノロウイルスは、乳幼児から高齢者に至る広い年齢層で、
急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。
この感染症は11月から3月の主に冬季に多発しますが、
年間を通して患者はみられるので、普段から要注意のウイルスです。

発熱は、通常2、3日で回復しますが、
症状がなくなっても一ヶ月ほどは、キャリアのままで
ある場合があり、家族や他人への感染には注意が必要です。

ノロウイルスの最大の特徴は、
下痢だけではなく、嘔吐を引き起こすことにあります。

下痢であれば、ウイルスはトイレで流される為、
ウイルスは広がりにくいのですが、
嘔吐の場合、適切に処理・消毒をしないと
ウイルスが床に残るので、注意が必要です。

またノロウイルスは、
ヒトの小腸内で爆発的に増殖します。

そして、ノロウイルスは、非常に少量の
ウイルス摂取でも発症します。

スポンサードリンク

感染から発症までの時間である潜伏期間は、
およそ24~48時間です。

症状は通常であれば2日ほどで治癒します。

また後遺症が残る心配はありません。

ただし、免疫力の低下した老人や乳幼児では長引くことがあり、
激しい嘔吐や下痢による脱水症状には気をつける必要があります。

ノロウイルスの症状で軽症の場合は?

一般的に、軽症の場合は、
吐き気、腹痛、下痢気味、微熱(37℃)
になります。

嘔吐、醜い下痢にまでは至らないというレベルです。

感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状のみの
場合もあります。

ノロウイルスにかかっても、症状が軽症か、重症かの差は、
本人が持つ免疫力の差によるところが大きいです。

ノロウイルスの症状で重症の場合は?

一般的に、重症の場合は、
突然の嘔吐、腹痛、下痢が頻繁に発生し、症状は、
24~48時間続きます。

熱も38℃くらいまで上がります。

特に症状が重い場合は、
治癒するのに一週間程度かかることもあり、
入院させられる場合もあります。

その場合でも後遺症が残る心配はありません。

 POINT! 

激しい嘔吐や下痢による脱水症状がひどくなるので、
常に水分補給を怠らないようにして下さい。

まとめ

ノロウイルスの症状の度合いは、
人それぞれ異なります。

その人が持つ免疫力の差です。

でも軽症でも、吐き気や、腹痛、下痢気味、微熱の症状になり、
つらいものです。
また免疫力の弱い子供や、老人が感染すると、
重症化することもよくある話です。

ノロウイルスに感染したら、
自宅で安静にして、常に水分補給を十分行いましょう。

万が一、ノロウイルスに感染したのかどうか疑わしい場合は、
速やかにかかりつけの医師に診てもらうことをオススメします。

スポンサードリンク

 - 病気 ,