なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

引越しのはがきは必要か?官製はがきでいいのか?いつ出すべきか?

   

202095

春は引越しのシーズンですね。

もし引越しが決まったら、親戚・友人・知人へ
引越しの連絡をしないといけませんね。

そんな時は、電話やメールで済ませていいのか?

「引越しの連絡は、はがきでするのが常識!」
と言いますが、本当に、そうなのか?

何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

引越しのはがきは必要か?

一般的に、
引越しのはがきは必要です。

引越しが決まったら、親戚や友人、知人に
引越しをしたことを、引越しのはがきで
連絡することが常識です。

引越しのはがきには、
・新住所
・固定電話の電話番号
・決まり文句「お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄り下さいませ」
を書いて送りましょう。

最近、メールで、引越しの連絡を
送る方がおられるようですが、
基本的にマナー違反です。

メールでの連絡は当然味気ないもので、
相手には、「常識がない!」
と悪く思われかねません。

特に、ご年配の方には注意が必要です。

いくら現在が、スマホの時代で、
大半の事をメールでやり取りするのが普通だとはいえ、
引越しの連絡ぐらいは、メールなどの略式ではなく、
きちんと、はがきで行うことをオススメします。

引越しのはがきは官製はがきでいいのか?

基本的に、
引越しのはがきは、官製はがきで十分です。

スポンサードリンク

無論、「インクジェット通常はがき」だと、
よりきれいに印刷ができます。

インクジェットで印刷をお考えの方は、値段も同じですので、
この「インクジェット通常はがき」を使うことをオススメします。

また、はがきの一部を広告媒体として利用する、
「エコーはがき」なるものが、時折発売されます。

タイミング良く、発売されていたら、
通常のはがきより、5円安いので、
利用しない手はないですね。

引越しのはがきはいつ出すべきか?

基本的に、
引越しをしてから一ヶ月以内に出しましょう。

普通は、引越しを終えて一段落してから、
引越しのはがきを出す方が多いので、
大体の場合、一ヶ月以内に出されることをオススメします。

ただ荷物の片付けや役所への手続きなどで、
後回しになった場合でも、引越し後、三ヶ月以内に
引越しのはがきを出すようにしましょう。

引越しのタイミングにもよりますが、
引越しが、11月、12月になった場合は、
年賀状や、寒中見舞いに、引越しした旨、
書き添えて、連絡しても良いでしょう。

無論、夏の熱い時期に引越しをした場合は、
暑中見舞いや残暑見舞いに、引越しした旨、
書き添えると良いでしょう。

 POINT! 

また、引越しのはがきの日付ですが、
実際に引越しをした月、例えば、3月であれば
「3月吉日」で書くと良いでしょう。

まとめ

春は引越しのシーズンですね。

引越しが決まったら、親戚・友人・知人に
引越しのはがきを送って、
引越ししたことを連絡しましょう。

引越しをしてから、一ヶ月以内に送るのが
マナーです。

はがきは、官製はがきで十分です。

固定電話の電話番号は、
引越しに伴って電話番号が変わっても変わらなくても、
忘れないように書き添えましょう!

スポンサードリンク

 - 引越し ,