なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

花粉症のレーザー治療とはどのようなものか?保険適用は?効果は?

   

131785_R

季節も冬から暖かくなり始めると、
花粉の季節になるので、憂鬱になる方も多いですね。

外出する時は、マスクと花粉症対策用のメガネが
手放せなくなるので、お洒落もあったもんじゃないですね。

ティッシュや目薬も手放せませんし。

でも通院している耳鼻咽喉科の医師から、
レーザー治療なるものがあると聞きました。

レーザー治療ってどんな治療なのか、
保険適用はされるのか、効果は期待できるのか
気になりませんか?

「花粉症は、レーザー治療が一番簡単!」と聞きますが、
本当に、そうなのか?

何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

花粉症のレーザー治療とはどのようなものか?

花粉症のレーザー治療の正式名称は、
「下鼻甲介粘膜凝固術」と言います。

基本的に、
鼻の粘膜をレーザーで焼く治療になります。

ただし、花粉症の症状が軽度の場合は、完治しますが、
重度の場合は、完治するのは難しいです。

花粉に反応する鼻の中の内側にある粘膜の一部(外側)を、
レーザーで焼いてしまい、火傷のような状態をつくり、
花粉に反応しないようにするという治療法です。

治療直後は、一時的に鼻が詰まったような感じが残りますが、
すぐに戻ります。

また、粘膜の外側を焼いてしまうので、2、3日は、
鼻をかんだりすると出血してしまいます。

いずれにしても一時的なものなので、心配は入りません。

レーザー治療に関しては、焼いた粘膜は再生されるだけですので、
むしろ薬に頼るより安全と言えるかもしれません。

もちろん、手術を行う前には、麻酔をしますので痛みはありません。

この麻酔は注射ではなく、通常、麻酔液を含ませたガーゼを
鼻の中にいれて浸透させる方法(浸潤麻酔)なので、
このガーゼを鼻孔に入れる間は、苦しいですが、
他に身体への負担はありません。

両方に同じ枚数、麻酔ガーゼを入れて、5~10分後に治療開始です。

スポンサードリンク

レーザーで焼くのは10分もあれば、両方の鼻孔とも終了です。

基本的に、レーザー治療は安全な治療ですが、
全ての鼻炎に適応したものではありませんので、
事前に、レーザー治療で効果が期待できるかどうか、
しっかりと検査をしてもらうことをオススメします。

花粉症のレーザー治療は保険適用されるか?

基本的に、
レーザー治療は、保険適用になっています。

外来での処置が可能なので、
総合病院・大学病院でなくても、近隣の耳鼻咽喉科の開業医でも、
実施している医院が増えています。

最近は、既存の耳鼻咽喉科でも、
CO2レーザーやアルゴンレーザーなどの最新機器を
導入しているところが増えていますので、
近隣の耳鼻咽喉科へ電話で、レーザー治療をされているかどうか、
確認することをオススメします。

花粉症のレーザー治療の効果は?

基本的に、
レーザー治療の効果は人によって異なります。

軽度の方であれば完治しますが、
重度の方であれば、完治は難しいです。

手術直後は、鼻はスースーと通りますが、
手術後、半日ほど経過すると、逆にだんだん鼻がつまりだし、
その後3日ぐらいは、かなりひどい鼻づまり状態になります。
まるで、花粉症の症状みたいな感じです。

治療から1週間くらい経過する頃から、
鼻づまりもだんだん解消され、
2週間を過ぎる頃になると、
ほぼ普通の状態に戻ります。

少なくとも、1シーズンは快適に過ごすことができます。

 POINT! 

1点、注意点としては、
レーザー治療は、必ず花粉のシーズン前(12~1月)に、
処置を受けることが必要です。

花粉のシーズンが始まってからでは、効果は期待できません。

まとめ

春になると花粉が飛び始めるので、
憂鬱な方も多いですね。

マスクやメガネもいいですが、
レーザー治療で、簡単に治療することも
選択肢の一つとして考えることを
オススメします。

保険も適用されます。

レーザー治療は安全ですし、効果はすぐに
実感できます。

ただし、事前に効果が期待できるかどうか、
検査を受けるのと、必ず花粉のシーズン前に、
治療を受けることが必要ですので、注意して下さいね。

スポンサードリンク

 - 花粉症 ,