なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

手術前にかける言葉をメールで伝えたい友達への想い!タイミングは?

   

スポンサードリンク

この記事では、
友達が入院して手術を受ける場合、メールで想いを伝える時に、
気を付けるべき点について、解説しています。

友達や知り合いが入院をした時に、
どんな風に接するのが良いのか悩むことがあります。

見舞いに行った方が良いのか、行かない方が良いのか、
メールを送るとしたらどんな文面が良いのかなどです。

本記事では、友達が入院して手術を受けることになった場合、
メールで思いを伝える時に気を付けるべき点についてまとめましたので、
ぜひ参考になさって下さい。

スポンサードリンク

手術前にかける言葉をメールで伝えたい友達への想い!

基本的に、
友達が手術を受ける場合、
手術前にメールで想いを伝えることは、
不安に思っている友達を勇気づけることができ、
とても素晴らしいことです。

友達が入院して手術を受けるということはよくあることです。

とても心配になるのですが、
どの様に自分の想いを伝えることが、
最も適しているのかということに悩むことがあります。

病院まで見舞いに行った方が良いのか、行かない方が良いのか、
お見舞いで何かを贈った方が良いのか、手紙を送った方が良いのか、
メールで送った方が良いのか、文面はどうしたら良いのかなどです。

入院をしていると、面会時間が限られていたり、
手術直前だと、検査の時間の関係で、
人に直接会うのが、少々難しい状況になります。

入院している人にとっては、わざわざ自分を心配して、
お見舞いに来てくれることは、嬉しいことです。

しかし、調子の悪い時の自分の様子を見られるのは、
避けたいという思いもあるはずです。

体調が悪い時は他の人と会って、話をすることも、
しんどいという場合もあると思います。

特に女性の場合、病院ではお化粧をしたり、
おしゃれな服を着たりすることが、なかなか自由にできないことが多いので、
なおさらそういった思いがあるかもしれません。

そういった状況で最も適した思いを伝える手段の一つは、
間違いなく、「メール」を使う方法です。

昔の病院と違い、最近は携帯電話やスマホの使用を、
禁止していない所が多いです。

昔は医療機器に悪影響を与えるので、
病院内では携帯電話を使用することができないというところがほとんどでした。

現在は、病室などで自由に使うことができる所や、
談話室などの指定された場所で使うことができるという病院がほとんどです。

勿論、病院なので音が出ないようにするなどのルールはあります。

そういう訳で、病院にいてもメールなどで連絡をすることは可能です。

入院をしている時は、普段、自宅にいる時と違い、
あまりやることがない、またはやることができないので、
入院している相手にメールなどで連絡をしてあげると喜ばれます。

但し、実際にメールでお見舞いの気持ちを伝えるにあたって、
配慮した方が良い事もあります。

それは、相手は入院をしている人だということです。

入院している友達の病状は、十人十色ですが、
入院をしなければならないということは事実であり、
友達が、心身共に良い状況ではないということです。

手術などに向けて、心配事もあるかも知れません。

入院が長引くかもしれません。
ですから、入院している相手がそのような状況にあるということを、
常に意識しながら、メールの内容を考える必要があります。

例えば、とても親しい間柄であっても、
病気をネタにしたギャグのようなものは絶対に避けた方が良いでしょう。

本当に「冗談にならない」ことになってしまったら困ります。
悔いが残ってしまいます。

心配をしているという気持ちをそのまま文面に表していくのが良いでしょう。
変に飾らずに書いていけば良いでしょう。

退院したら一緒にやりたいこと、
例えば、食事会をする、カラオケをする、ドライブに行くなど、
入院している友達が楽しい気持ちになることができるような内容が
好ましいです。

 POINT! 

過去の事(○○は楽しかったなど)よりも未来の事を多く書かれた方が、
相手に希望を持ってもらえるので、おすすめです。

手術前にかける言葉をメールで伝えるタイミングは?

基本的に、メールを送るタイミングについては、
手術する時間が迫っているタイミングは避けるべきです。

手術などの日程を知っているのであれば、
1、2日は余裕をみて、メールを送るべきです。

多くの場合は、手術の日程までは知らないことが多いので、
できれば入院のことを知ったら早い内にメールをするのが良いでしょう。

また、夜遅くにメールするのは避けましょう。
マナーモードなどにしていてもバイブレーションなどで
音が響くことがあります。

病院は夕食の時間、そして、その後の就寝の時間がとても早いです。

大抵の病院は、21時には消灯になる所が多いです。
そういった状況の中で、メールによるバイブレーションが響くと、
友達や同じ部屋にいる人などに迷惑をかけることになります。

大部屋で、部屋に何人かの入院患者がいる場合、
メールを送った友達と、同室の他の入院患者さんとの関係が、
悪くなってしまっては、せっかくのメールも逆効果になってしまいます。

そういった配慮は必要でしょう。

まとめ

本記事では、
友達が入院して手術を受ける場合、メールで想いを伝える時に、
気を付けるべき点について、解説しました。

入院していると、面会時間や検査の時間があったり、
入院している友達も気分がすぐれないタイミングがあったり、
女性だと化粧や服装にも気を遣わせたりしてしまうので、
必ずしも、見舞いに行った方が良い訳ではありません。

メールを送ることも、あなたの想いをしっかり伝えることができる
素晴らしい手段の一つです。

メールであなたの想いを伝えるのはとても良いことです。

ただし、内容やタイミングをきちんと考えないと、
却って迷惑になってしまうこともあります。

入院している友達の状況をしっかり配慮した上で、
自分のお見舞いの想いを伝えられると、
きっと友達も未来への期待を胸に、
手術を受ける勇気が湧いてきて、いい状態で
手術を受けることができるに違いありません。

本記事が、手術を受ける友達にメールで想いを伝える際に、
参考になれば、嬉しいです。

スポンサードリンク

 - 病気 ,