なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

ドライフラワーをグリセリンを使う方法!失敗しないコツ?処理法と量

   

スポンサードリンク

本記事では、自宅でも簡単にできる、
ドライフラワーを作る時、グリセリンを使う方法について、
詳しく解説しています。

美しい花の姿を少しでも長く楽しみたいと思ったら、
ぜひドライフラワー作りに挑戦してみて下さい。
思った以上に、簡単なので驚かれるかもしれません。

きれいな花は、そこにあるだけで幸せになれるものです。
でも花瓶に入れて飾っておいても、
しばらくすると少しずつ萎えてきます。

「花の命は、短くて・・・」という言葉にも
ある通り、萎え始めるとあっという間に、
枯れてしまいます。

植物は生き物なのでしょうがない部分もあるのですが、
できれば綺麗な状態で長く楽しむことができたら嬉しいものです。

この花の美しさを少しでも永らえる為の解決策の一つが、
「ドライフラワー」です。

この記事では、ドライフラワーを作る時、
従来の自然乾燥させる方法とは異なり、
グリセリンを使う方法について、
詳しくまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

スポンサードリンク

ドライフラワーでグリセリンを使う方法!

基本的に、グリセリンを使う方法では、
グリセリンの他に熱湯、花瓶を用意し、
お気に入りの花を、1週間から10日間ほど浸して、
冷暗所で保存するだけで、ドライフラワーができます。

グリセリンを水分の代わりに、花に吸収させることで、
きれいな状態を保つことができるドライフラワーが、
グリセリンを使う方法になります。

グリセリンを使う方法は、一般的な自然乾燥で作る
ドライフラワーと違って、葉が落ちにくく、
花の色もあまり色あせることがなく
保存ができるという特徴があります。 

ドライフラワーをグリセリンで作る時失敗しないコツは?

基本的に、グリセリンを使う方法では、
開花した花ではなく、咲き始めの花を使うと、
失敗を減らすことができます。

グリセリンを使う方法では、グリセリンが、
花全体に満遍なく行きわたるのに時間がかかる為、
開花した花を使うと、完成する前に、花が萎んでしまい、
失敗することがあります。

 POINT! 

その為、グリセリンを使う方法では、
グリセリンが花全体に行きわたる頃に、
丁度花が咲いても大丈夫なように、
咲き始めの花を使うことをおすすめします。

特に、バラのように花が咲き始めて、
開ききるまでの時間が短い花の場合は、
必ず、咲き始めの花を使うことが大切なポイントになります。

グリセリンに1週間~10日間ほど
冷暗所で保存するのが基本ですが、
もし、花が3~5日漬けている間に、
くたっと首をもたげてくるようでしたら、
一旦グリセリン溶液から取り出して、冷暗所で逆さまに吊るして、
乾燥させることで、失敗を防ぐことができます。

途中で花が首をもたげてくる場合は、
それ以上、グリセリンに浸しておくと、
最悪の場合、花が茎から取れてしまうことがあるからです。

また、グリセリンを容器にいれて準備できて花を浸したら、
すぐに水位のところがわかるように、
マスキングテープを張り付けておきましょう。

花をグリセリン溶液に浸して、数日経過し、
グリセリン溶液の推移が最初にマスキングした水位より、
下がってきて、グリセリン溶液全体の20~30%ほど減ったら、
一度、グリセリン溶液を他の容器に移し、
お湯をたして、かき混ぜて温度が下がってから、
再度、花瓶にグリセリン溶液を注いで、花を浸しましょう。

葉の表面に水滴のようにグリセリンがしみ出してきたら完成です。
環境によっては完成までに数週間かかる場合もあります。

グリセリンを使わない、自然乾燥のドライフラワーは、
どうしても完成すると、全体のボリュームが小さくなってしまいます。

それは花に含まれていた水分が無くなったことによるものです。

それに比べ、このグリセリンを使う方法では、
そういったボリュームダウンもほとんど起こりません。

花の色つやも自然乾燥で作ったものよりは、
生の花に近い感じに仕上がります。

それ程、作るのが難しいものではありませんので、
気に入った花があったら、ぜひドライフラワー作りに
挑戦してみて下さい。

とても簡単なので、おすすめです。

ドライフラワーをグリセリンで作る時の処理法と量は?

基本的に、
グリセリンと熱湯を、
1:3の割合で混ぜて使うのが、基本的な処理法になります。

グリセリンは薬局などで購入することができます。

大瓶で600円くらい、小瓶で300円くらいです。
必要な道具は、グリセリン、熱湯、花瓶や瓶です。

まず、グリセリンと熱湯を1:3の割合で混ぜます。

グリセリンが100mlであれば、熱湯が300mlになります。
花の量に応じて、液を用意します。

グリセリン溶液の量は、
ドライフラワーにする花全体の重量の2倍もあれば大丈夫ですが、
花の下の茎が10~15cm以上浸かるように、
使う花瓶には注意しましょう。

量が足らないと思ったら、後から追加して下さい。
もちろん、グリセリンと熱湯を1:3の割合で。

混ぜた液が冷めたら、用意しておいた花瓶や瓶に、
その薄めたグリセリンの溶液を入れます。

その後、花をグリセリン溶液に浸します。
その際、液を吸い上げやすいように、
茎に切り込みを入れておくことも大切なポイントです。

そのままの状態で、冷暗所で保存し、
1週間から10日ほど放置して完成します。

自然乾燥やドライヤーを使ったドライフラワーも
簡単に作れますが、
グリセリンを使ったドライフラワーの方が、
その花のボリューム感を維持でき、存在感が増すので、
グリセリンを使う方法をおすすめします。

まとめ

この記事では、
グリセリンを使ったドライフラワーの作り方をまとめました。

やってみると、思っていた程、作るのは大変ではありません。

それなのに出来上がりはとても綺麗です。
お気に入りの花があると、部屋がとても華やかになります。

特に、バラやマリーゴールド、ローダンセがおすすめです。

誰でも簡単にできるので、とてもお勧めです。
ぜひ一度チャレンジしてみて下さい。

この記事が、グリセリンを使ったドライフラワー作りの
きっかけになりましたら、とても嬉しいです。

スポンサードリンク

 - ライフスタイル ,