なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

寒中見舞いの文例だが親戚に送る場合は?喪中が自分か相手で変わる?

   

スポンサードリンク

この記事では、寒中見舞いを親戚に送る場合の文例と
自分が喪中の場合と相手が喪中の場合で、寒中見舞いの内容を、
どのように書くべきかについて、詳しくまとめています。

身内に不幸があった場合、年賀状ではなく、
11月末、12月初旬に喪中の葉書を送ります。

そういった状況で、意図せず、喪中はがきを送っていない方から、
年明けに年賀状などをもらうことがあります。

また逆に喪中の人へ喪中はがきへの返事として、
寒中見舞いを出す場合もあります。

また相手が喪中と知らずに、
年賀状を出してしまった場合にお詫びとして、
返信をする場合もあります。

そういった場合、「寒中見舞い」で対応するのですが、
その内容にも基本的なルールがあります。

本記事では、寒中見舞いを親戚に送る場合、
また自分が喪中の場合と、相手が喪中の場合に書く内容に関して、
何かルールはないのか、何か注意すべきことはないのかについて、
詳しくまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

スポンサードリンク

寒中見舞いの文例だが、親戚に送る場合は?

一般的に、
寒中見舞いを親戚に送る場合、文例として書く内容には、
決まったルールがありますので、それに従って書きましょう。

「寒中見舞い」には、遅くなった年賀状の返答以外にも、
いくつかのケースがありますので、以下にそれぞれのケースを
確認してみましょう。

●一つ目は、喪中の人への寒中見舞い:
喪中はがきへの返事を書く際、
寒中見舞いで出すことが良いとされています。

●二つ目は、喪中にもらった年賀状への返事:
普段から付き合いのある人や毎年、年賀状のやり取りをしている人には、
喪中はがきを出すと思います。

しかし、喪中はがきを送らなかった人から、
年賀状が届くことがあります。

そういった際は、松の内が明けてから寒中見舞いとして、
送ることをおすすめします。

内容としては、喪中であること、
返事が遅くなったことへのお詫びなどです。

●三つ目は、喪中と知らずに年賀状を出した時のお詫び:

 POINT! 

基本的な構成は次のようなものです。

1.寒中見舞いの挨拶
2.時候の挨拶
3.自身の近況報告
4.相手の体調を気遣う言葉
5.日付

 
親戚などに出す場合も、
基本的な喪中はがきのルールと同じになります。

但し、親戚の場合は、
「葬儀の際に賜りましたご厚情に深謝いたします」などの文を加えることを
おすすめします。

実際の文例は次のようになります。
参考になさって下さい。

■文例1(喪中はがきを出していない人から年賀状が届いた場合)

寒中お見舞い申し上げます。
この度は年頭のご挨拶ありがとうございました。
昨年○月○日に「続柄 故人」が他界し、
服喪中のため年末年始のご挨拶は差し控えさせていただきました。
葬儀の際に賜りましたご厚情に深謝いたします。
本年もご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。
寒い日が続きますが、風邪など召されませぬようお気を付けください。

■文例2(喪中はがきを出していない場合)
寒中お見舞い申し上げます。
寒さが一段と厳しくなりましたが、皆様にお変わりはございませんか。
昨年○月○日に「続柄 故人」が他界したため年始のご挨拶を
控えさせていただきました。
ご通知が遅れましたことをお詫び申し上げます。
葬儀の際に賜りましたご厚情に深謝いたします。
今後とも変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。

喪中が自分の場合と相手の場合で内容を変えるべきか?

一般的に、
寒中見舞いの内容は、
自分が喪中の場合と、相手が喪中の場合で変わります。

「寒中見舞い」は、状況によって少し書き方が変わってきます。

既に確認したようにどういった状況で、
寒中見舞いを出すのかということでも違いますし、
自分が喪中なのか、相手が喪中なのかによっても
内容が変わってきます。

●自分が喪中の場合:
 自分の身内に不幸があったという情報を盛り込む必要があります。

 一般的には、故人名、続柄、年齢なのですが、
 年齢などを入れたくない場合は、入れなくても良いです。

 また、誰が亡くなったのかということを入れない形で
 はがきを作ることもあるのですが、
 その場合、受け取った側は、
 誰が亡くなったのかが気になると思います。

 誰が亡くなったのかは、なかなか直接聞きにくいことなので、
 はがきに中に書いておいた方が親切だと思います。

 喪主の場合は、葬儀場などがサービスで
 作ってくれるところもあるようです。

 喪主以外の場合は自分で作る必要があります。
 はがきや切手、文字の色などいくつかのルールがあるので、
 それに従って、作っていくと良いでしょう。

 もし、自分で作るのが大変だと感じられる場合は、
 印刷会社などにお願いをすれば、
 状況に合わせたものを作ってくれます。

 忙しい方などは、そういったものを利用すると良いでしょう。

●相手が喪中の場合:
 年賀状のやりとりを毎年している相手から、
 喪中の寒中見舞いをもらった際は、
 返事は出さなくとも良いというのが一般的です。

 しかし、相手との関係の中で、
 電話やメール、SNSなどで連絡しても良いでしょう。

まとめ

この記事では、寒中見舞いを親戚に出す場合の文例や
自分が喪中の場合と相手が喪中の場合について
くわしくまとめました。

自分が喪中なのか、相手が喪中なのか、
出す相手は親戚なのか、違うのかなどによって、
少しずつ文言が変わってきます。

相手との関係性を考え、
それぞれのパターンに応じて、
文言を変えて対処しましょう。

但し、下記の基本構成に従って書くことはお忘れなく。

1.寒中見舞いの挨拶
2.時候の挨拶
3.自身の近況報告
4.相手の体調を気遣う言葉
5.日付

この記事でご紹介した文例が、
少しでもお役に立てましたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 正月 ,