なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

いぶし銀とはどういう意味?使い方?野球ではどんな選手が相応しい?

      2018/01/22

スポンサードリンク

この記事では、
あなたの周りにもいるかもしれない、
普段はその実力を表に出さないが、
いざっという時、とても頼りになり、
ちょっとかっこいい人に対して使われる
いぶし銀とはどういう意味なのかについて、
詳しくまとめています。

あなたの周りにも中高年で、
実力はピカ一なのに、
表立っては目立たず、
困っていると、そっと手を差し伸べてくれる、
そんな渋くて頼りになる方がおられるかもしれません。
そんな方に対してもこのいぶし銀って使われたりします。

また一般的に、
見た目の華やかさはなくとも、
短期間では得難い雰囲気を醸し出す人や、
ベテラン俳優の味わいのある演技、
プロ選手のベテランならではのプレーなどに、
いぶし銀という言葉が良く使われています。

この記事では、
いぶし銀の意味や使い方、
野球選手でこの言葉が相応しい選手など
について詳しくまとめましたので、
ぜひ参考にして下さい。

スポンサードリンク

いぶし銀とはどういう意味?

基本的に、
長い年月を経てこそ手に入れられる魅力のことで、
渋くて味わいのあるベテラン、特に男性への誉め言葉という
意味があります。

いぶし銀は、漢字で、「燻し銀」と書きます。

初めはピカピカだった銀が、
年月を経て表面の光沢が失われた状態のことを
指して使われます。

銀の表面が空気中の硫黄分と反応して黒ずみ、
最初はピカピカだった銀が表面の光沢やつやを消し、
最初の状態とはまったく違った渋さを醸し出したその表面の状態、
渋くて味わいのある質感を意味します。

銀製品などでは、人口的に硫黄のすすで曇りをつけて、
いぶし銀を作ったりします。

 POINT! 

その渋さは年月を経ないと出来ませんので、
人間になぞらえて、歳を取った人への褒め言葉として、
使われることが多いですね。

華やかさに欠け、一見地味だが、実際は力があったり、
魅力があったりする方に対して使われます。

比喩的な意味の「いぶし銀」は、
特に壮年の男性に対して使われることが多く、
若い人がいぶし銀の魅力を身につけることはなかなか難しいです。

このいぶし銀、多くの方の憧れにもなり得るもので、
そう容易く、誰もが手に入れることができる代物ではないようですね。

いぶし銀の意味の使い方は?

一般的に、
見た目の華やかさはないが、渋くて味わいのある人やその所作に対しての
誉め言葉として使われます。

例えば、ベテラン俳優や役者の渋くて味わいのある演技に対して、

「いぶし銀の演技」

のように表現します。

またベテランの野球選手の
渋くて味わいのあるプレーなどへの誉め言葉として、

「いぶし銀のプレー」

と表現して使われたりします。

長い年月をかけてこそ手にいれられる銀製品のいぶし銀のように、
円熟味を増し、内面から何とも言えない渋くて味わいのある人や
その立ち居振る舞いに対して使われます。

具体的な「いぶし銀」の使い方としては、

1.●●は、映画やドラマでは、名わき役として、
  いぶし銀の演技で多くの視聴者を魅了したものだ

2.●●選手は、小柄にもかかわらず、攻守ともに先を読んだ
  ベテランらしい、いぶし銀のプレーで活躍したものだ

3.いぶし銀の雰囲気を持つ●●氏の登場に、
  会場が一瞬で、水を打ったように静かになった

  
と言った表現で使われます。

いぶし銀の意味で野球ではどんな選手が相応しい?

一般的に、
野球選手として、10年以上プレーしてきて、
派手さはないが、チームにはなくてはならない存在、
ここぞという場面では、とても頼りになる存在、
そんなベテラン選手に対して使われるのが相応しいです。

具体的には、

・チャンスの場面でしぶとく粘り、
 ここぞというときに結果を出すバッター
・守備でピンチの時に、誰もが予測できないような
 ファインプレーをしてチームのピンチを救い、
 良くない雰囲気をぶち壊し、
 まだやれるという雰囲気を作り出す選手
・最後まであきらめず、身を挺して、
 全力でプレーする選手

このような選手に対して、いぶし銀のプレーとして、
使われます。

プロ野球界では現役時代の、

・高木守道
・川相昌弘
・宮本慎也
・土橋勝征

に対して、よく使われました。

井端弘和選手とか、新井宏昌選手のプレーに対しても
よく使われていますね

決して華やかではないが、堅実で魅力があり、
いざっという時、頼りになるベテラン選手
という意味で使われます。

若手のエースピッチャーや
ホームランバッターなどに対して使われる言葉ではなく、
主に守備やバントなどで堅実にチームに貢献している人や、
ベテランといった意味合いで使われます。

まとめ

この記事では、
内面から何とも言えない渋くて味わいのある人や
その立ち居振る舞いに対して使われる
いぶし銀とはどういう意味かについて、
詳しくまとめました。

ベテラン俳優の味わいのある演技、
プロ選手のベテランならではのプレーなどに、
いぶし銀という言葉が良く使われています。

あなたの周りにも、
きっと派手さはないが、
実力はピカ一で、いざっという時、
頼りになる中高年の方がきっと
おられると思います。

誰もが憧れるいぶし銀ですが、
こればかりは、長い年月を経てこそ手に入れることができるもので、
決して短期間で手に入れることはできません。

だからこそ、価値があるものになります。

野球選手で言うと、
井端弘和選手とか、新井宏昌選手などが、
いぶし銀のプレーでファンを魅了したことは有名です。

この記事で確認頂いた、いぶし銀の意味をキッカケに、
やがて、歳を重ねていつの日か、あなたご自身が、
いぶし銀の仲間入りをすることができましたら、
とても嬉しいです。

スポンサードリンク

 - ライフスタイル ,