なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

クレジットカードの署名を間違えた!書き直し?ペンは水性か油性か?

   

スポンサードリンク

この記事では、
クレジットカードの裏面にする署名を間違えた場合、
書き直しできるのかどうかについて、
詳しく説明しています。

クレジットカードはとても便利なものです。

現金をたくさん持つのは色々な意味で危険を伴います。
財布などを落としてしまった際に、
クレジットカードであれば、補償などもあります。

現金はそういった面で補償は全くありません。
クレジットカードは海外などでの利用においてとても便利です。

今や日常生活に欠かせないクレジットカードですが、
実は裏にある署名はとても重要です。

但し注意すべきことは、
署名の書き忘れなどの場合は補償が受けられないこともあります。

本記事では、署名の書き間違えについて、
詳しくまとめましたので、是非参考にして下さい。

スポンサードリンク

クレジットカードの署名を間違えた!

基本的に、
クレジットカードの署名を間違えた場合、
書き直しは厳禁です。
多少の間違いは、そのままにして使うことをおすすめします。
どうしても気に入らないので、書き直したいという場合は、
クレジットカードの再発行手続きを行いましょう。

クレジットカードを受け取ったら、
まず最初にすべきことはカードの裏面の署名欄に、
署名をすることです。

カードを受け取ると、カードの特典などが書いてある説明などに、
目が行きがちです。

そうなるとついついカードの裏面への署名を
忘れてしまうことがあります。

裏面への署名を忘れてしまうと、
何かトラブルがあった際、補償が受けられないこともあります。

先程述べましたが、クレジットカードを受け取って、
まず最初にすべきことは「署名」です。

そういった状況で次に起こりやすいことが、
「書き間違い」です。

カードの署名欄もあまり大きくないので、
ちょっと書きにくいですが、大切なサインなので、
慎重に行いましょう。

 POINT! 

それでも間違ってしまった時には、
気にせず、そのまま利用するのがおすすめです。

少し位曲がっていても、
あまり気にしないでそのまま利用しても、
何ら問題ありません。

間違っても、書き損じたサインの上から、
重ね書きなんかしないで下さいね。

そんなことしたら、
そのクレジットカードは、使えなくなってしまいますから。

クレジットカードの署名の書き直し?

基本的に、
クレジットカードの署名の書き直しは、
厳禁です。

署名を書き間違えた際、除光液などで消してしまうと、
不正を疑われることになります。

あまり日本では多くありませんが、
海外ではクレジットカードの不正などが頻発し、
大きな問題になっている国もあります。

クレジットカードによっては、
カードの一部に顔写真を入れているものもあります。

勿論、顔写真も不正ができない訳ではありませんが、
そういったチェック部分を増やしていくことで、
不正がされにくいカードになります。

そういったことと関連して、
カードの署名欄を何かいじってあるような場合は、
不正を疑われることがあります。

一般的にクレジットカードを利用する際、
必ず店員がカードを裏返し、署名の確認をします。

また、機械に通し、カードセンターと通信し、
安全の確認をしています。

カードを利用した場合、
不正がないかどうか、何度も確認しているのです。
そういう理由で、
少しでも署名欄に異常があると使用を拒否される場合もあります。

また、長期間使用してきたクレジットカードは、
署名自体が薄くなってしまう場合もあります。

そういう場合でも、上書きすることは厳禁です。
理由は先程述べた通り、不正を疑われるからです。

署名が薄くなった場合や書き間違いが著しい場合は、
カードを再発行してもらうことをおすすめします。

少し時間はかかりますが、
正当な理由があれば、どのクレジットカード会社も、
クレジットカードの再発行を速やかに行ってくれます。

署名に関するもの以外でも、
情報が入っている部分(裏の黒の帯の部分やICチップの部分など)が、
不具合を起こした場合にも再発行してもらえます。

クレジットカードは磁気で情報を管理している部分もあるので、
知らず知らずのうちに何かの磁気の影響を受けて、
情報が壊れてしまうということは割とよくある話です。

お店で普通に使っていて、
機械が反応しないことが何度も起きるような場合は、
磁気部分の記録の破損の恐れがあるので、
再発行してもらうことをおすすめします。

クレジットカードに署名する時のペンは水性か油性どちらがいい?

基本的に、クレジットカードに署名する時は、
必ず、油性の筆記具を使用することが大切です。

油性のマジックでも油性ボールペンでも
どちらでも良いでしょう。
その際、気を付けることとしては、油性マジックの太さです。

一般的な油性マジックは、それ程細くないので、
クレジットカードの署名欄に名前を書こうとすると
字がつぶれてしまうことがよくあります。
「細字」「極細字」のマジックである必要があります。

水性のペンや鉛筆などでは、
改ざんなどの可能性が出てくるので、使うことができません。

特に時間の経過とともに、サイン自体が消えてしまうので、
絶対に水性ペンや鉛筆でサインすることは止めましょう。

まとめ

この記事では、
クレジットカードの裏面に書く署名を間違えた場合、
書き直しできるのかどうかについて、
詳しくまとめました。

クレジットカードの署名欄は、
不正な使用を防ぐためにも重要です。

お店でクレジットカードを使用する場合、
毎回、裏面の署名欄のサインを確認します。
もし、そのサインが書き直されていたり、上書きなどされていると、
不正を疑われる可能性があります。

ですから、サインを書き損じた場合、気にせずそのまま使うか、
どうしてもそのまま使用するのが嫌な場合は、
速やかにクレジットカード会社に連絡して、
再発行をしてもらうことをおすすめします。

再発行は、磁気情報の異常などの場合にも行うことができるので、
億劫がらずに、クレジットカード会社に連絡して、
再発行を依頼しましょう。

この記事が、
クレジットカード裏面の署名欄のサインに失敗した時のお悩み解決に
少しでもお役に立ちましたら、とても嬉しいです。

スポンサードリンク

 - ライフスタイル ,