なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

自転車での横断歩道の渡り方とは?歩行者が優先?降りるのは必須か?

   

スポンサードリンク

この記事では、
自転車で横断歩道を渡る時のルール、注意点について、
詳しくまとめています。

健康志向の広まりから自転車を利用する人が増えてきています。
そういった中で自転車の乗り方のルールがはっきりせず、
困ってしまったという経験をお持ちの方もいると思います。

自動車の場合は、教習所での教習などを経て、免許を取得します。
しかし、自転車の場合は、
自動車の免許のようにきちんと教わることなどもなく、
乗ることができます。

多くの人が、何となく理解しているルールで、
自転車に乗っていると思います。

今回、多くの人がきちんと理解できていない、
「自転車での横断歩道の渡り方」について詳しくまとめました。
是非参考にして下さい。

スポンサードリンク

自転車での横断歩道の渡り方とは?

法規上、自転車での横断歩道を渡る時、
車道を走ってきた場合は、車用信号機に従って走行し、
歩道を走ってきた場合は、歩行者用信号に従って、
自転車から降りて渡ることになります。

 POINT! 

自転車は法規上基本的に軽車両に分類されています。
最近歩行者との接触、衝突で、ケガだけでなく、
亡くなる方も出ており、
自転車の通行ルールは厳しく規制されています。

小学生が乗った自転車が歩道で歩行者とぶつかり、
ぶつかられた人は結局亡くなってしまうという事故がありました。
かなり高額の損害賠償が請求されたとのことです。

ところで、自転車での横断歩道の渡り方は、
自転車が車道を走っているのか、
歩道を走っているのかによって違ってきます。

自転車は基本的には車道の端を走ることになっています。

しかし、いくつかの条件を満たす場合は、
車道を走っても良いことになっています。

例えば、車道に駐車している車の影響で車道を安全に走れない場合、
子ども(12歳以下)やお年寄り(70歳以上)の場合などです。

(1)車道を走行中の場合は、車用信号機に従う:
   自転車は基本的には車道の端を走ります。
   交差点に差し掛かった時は、
   自動車と同じような扱いになります。
   自動車用の信号に従い、走って交差点を通過します。
   その際、左折しようとする自動車などに、
   巻き込まれないように注意が必要です。
(2)歩道を走行中は、歩行者用信号機に従い、自転車を降りて渡る:
   先ほども書いたように自転車で歩道を走る場合もあります。
   そういった場合は歩行者用信号に従います。
   その際は、自転車を降りて、歩いて横断歩道を渡る形になります。
   自転車で横断歩道を渡る際は、歩行者と同じ扱いです。
   歩道を渡り終えたら、また自転車に乗る形になります。

   交差点前後では、様々な動きをする人がいるので、
   注意をしながらまた走り出すようにします。
(3)右折したい場合は、二段階右折:
   自転車で交差点を右折をしたい場合は、
   「二段階右折」になります。
   まず青信号の時に進行方向に直進します。
   車道の左端をそのまま進みます。
   交差点を通過後、一度停止し、方向を90度転回します。
   その状態で信号が青に変わるのを待ちます。
   信号が青になったら自動車と一緒に進むようにします。
   待っているスペースが狭い場合が多いので注意が必要です。

自転車で横断歩道を渡る時は歩行者が優先?

基本的に、自転車で横断歩道を渡る時は、
歩行者が優先になります。

車道を走っていても、歩道を走っていても、
最優先すべきは歩行者です。

特に信号が変わりそうな状態の時は、
歩行者も自転車も自動車も焦っている場合が多いです。

急な動きをすることもあり、事故が起こりやすい状況です。
特に慎重になる必要があります。

自転車も事故の際の加害者になってしまうケースが増えています。
自動車よりも歩行者のそばに居る分、
衝突などのリスクは低くありません。
そういったことを認識し、自転車の運転をする必要があります。

自転車で横断歩道を渡る時は降りることは必須か?

基本的に、
自転車で横断歩道を渡る時には、
自転車を降りて渡ることが、安全確保の面で求められています。
但し、交差点などで、車道を走ってきて、
車用信号機に従って渡る場合は、自転車に乗ったまま走行可能です。

但し、歩行者は常に最優先ですから、
横断報道を通る時は、歩行者の動きに十分注意しましょう。

また自転車を降りて横断歩道を渡る場合は、
歩行者と同じ扱いになるので、
歩行者用信号機で横断歩道を通る時は、
必ず、自転車から降りて渡りましょう。

先にご紹介してきた通り、
自転車に乗っていても状況によっては、
歩道を走っても良いケースがあります。

そういった場合でも、歩行者の安全確保のため、
横断歩道は降りて渡ることとなっています。

まとめ

本記事では、
自転車で横断歩道を渡る時のルール、注意点について、
詳しくまとめました。

法規上、自転車で横断歩道を渡る時、
車道を走ってきた場合は、車用信号機に従って走行し、
歩道を走ってきた場合は、歩行者用信号に従って、
自転車から降りて渡ること。

自転車で横断歩道を渡る時は、歩行者が常に最優先になること。

自転車で横断歩道を渡る時には、
自転車から降りて渡ることが、安全確保の面で求められていること。
但し、交差点などで、車道を走ってきて、
車用信号機に従って渡る場合は、自転車に乗ったまま走行可能であることを
ご説明しました。

自転車は手軽で便利なことは良いのですが、
その手軽さゆえ、違った面でトラブルが発生してしまうこともあります。
歩道や横断歩道での歩行者との接触などです。

また、飲み会などの際に車に乗れない代わりに、
自転車に乗る人がいます。
先ほども書いた様に自転車は軽車両の扱いなので、
飲酒した状態での運転はできないこととなっています。

様々な意味で注意が必要な自転車の運転です。
一度事故が起こると色々な面で大変です。
そういったことがない様に気をつけて運転したいものです。

本記事が、自転車で横断歩道を渡る時のルールについて、
再認識するのに少しでもお役に立ちましたら幸いです。

スポンサードリンク

 - ライフスタイル ,