なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

卵の賞味期限切れ1ヶ月は大丈夫か?加熱したらどうか?レシピは?

   

スポンサードリンク

食材の中でも卵は何かと便利なものです。
調理法も多数あり、また簡単なものも多いです。

安価で供給も安定しており、
その上栄養価も高く、主婦の味方です。

その卵ですが、つい冷蔵庫に入れたまま、
使い切らないで放置してしまうことがよくあります。
気がつくと1ヶ月くらい過ぎていて、
賞味期限切れになっていることに気付いて、後悔することも多いです。

ですので、卵の賞味期限切れはいつまで食べても大丈夫か、
知っておくことは、大切です。

今回の記事では、卵の賞味期限切れ1ヵ月は食べても大丈夫かについて、
まず最初にお伝えしていきたいと思います。

それから、

・加熱したら大丈夫か
・レシピにはどのようなものがオススメか

それぞれについてお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

卵の賞味期限切れ1ヶ月は大丈夫か?

一般的に、賞味期限切れ1ヵ月は、
食べられるか、食べられないか判断が難しいタイミングです。
保存状態に大きく依存しますので、食べる前に十分に、
割った卵の状態、特に異臭がないか、黄身が崩れていないかなどを
十分確認しましょう。

卵の品質の悪化は、
主にサルモネラ菌によって起こるとされています。

サルモネラ菌は、温度や湿度の影響を大きく受けます。
高温で多湿な環境では、菌の繁殖が早くなります。
低温で低湿な環境では、逆に割と長い期間保存することができます。

そういった理由から、冷蔵庫に保存することが望ましいとされています。
また、賞味期限とは、その食品が風味豊かに、
食べることができる期間とされています。

賞味期限が過ぎたからと言って、
急に食べられなくなるものではありません。
特に卵は季節によって、美味しく食べられる期間は違っているのですが、
表示されている賞味期限は短めになっていることがほとんどです。

卵の賞味期限が過ぎて1ヶ月の場合は、
食べられる場合と食べられない場合があります。
それは保存の状態によって、卵の品質が変わってくるからです。

先ほども見てきたように、
卵の品質の悪化は、サルモネラ菌によることが多いです。
そのサルモネラ菌の繁殖は、温度や湿度の影響を大きく受けます。

 POINT! 

賞味期限を1ヶ月過ぎた卵の場合も、
しっかりと冷蔵庫の中で保管していた場合は、
大丈夫なことが多いです。
ただし、食べる前にしっかりと変質していないかのチェックが必要です。
黄身が崩れている、異臭がするなどの場合は、食べてはいけません。

保管の際には、汚れている卵を洗うことは控えましょう。
水洗いすることで、殻にある気孔という小さな穴から、水が内部に入り込むからです。
その際に雑菌も一緒に入ってしまう可能性があります。

もし、卵の殻の汚れが気になる場合は、
ティッシュなどで拭き取るなどの対応が良いでしょう。

また、卵白には抗菌作用があります。
卵黄に雑菌が付くことで、卵が悪くなってしまいます。
卵白がそういったことにならないように守るという役割もあります。

卵の賞味期限切れ加熱したら大丈夫か?

基本的に、賞味期限切れの卵は加熱したら大丈夫かどうかは、
調理するまでの保存状態に依存します。
調理の前に必ず、異臭がしないか、黄身が崩れていないかなどを
十分確認しましょう。

「賞味期限切れの卵は加熱調理すれば大丈夫」
というような話を聞くことがあると思います。

それはある部分ではあっていますが、ある部分では間違っています。

先ほども見てきたように、
賞味期限切れの卵は保存の状況によって
卵の状態がそれぞれ違っています。

賞味期限切れであっても、
望ましい状態で保存されていたものの場合は、
加熱することで十分食べることができます。

場合によっては生でも食べることができるかもしれませんが、
それは少しリスクを伴いますので、オススメはできません。

卵を加熱することで、サルモネラ菌などが死滅します。
ほとんどの菌は75度以上に加熱することで、
死滅するとされています。

卵の状態が悪い場合は、加熱調理しても食べるべきではありません。
目安としては、明らかな異臭がある場合や黄身が崩れている場合などです。

先ほども書いたように卵白には抗菌作用があり、
それと比べ黄身は、抗菌作用が弱いです。
白身が黄身を守っているような状態です。

黄身が崩れてしまっているということは、
黄身に雑菌が付き、その影響で崩れていると考えられます。
あまり食用には適さない状態であるということが言えるので、
食べるのは諦めましょう。

卵の賞味期限切れのレシピは?

基本的に、賞味期限切れの卵のレシピは、
調理の前に状態を確認し、問題ないと判断した場合に限り、
生や半熟ではなく、しっかりと火を通した調理を行うことが
重要です。

賞味期限切れの卵の調理のポイントは、
「しっかりと火を入れる」と言うことです。

卵の中にあるかもしれない雑菌を、
加熱調理によって死滅させることが大切です。

そういったことを踏まえると、あまり火の通らない調理、
具体的には
半熟の状態で食べるものなどは、
賞味期限切れの卵を使った料理には適していません。

例えば「ふわとろのオムライス」などがそれに当たります。

まとめ

本記事では、
卵の賞味期限切れ1ヵ月は食べても大丈夫かについて、
詳しく見てきました。

賞味期限切れ1ヵ月は、
食べられるか、食べられないか判断が難しいタイミング。
保存状態に大きく依存するので、食べる前に十分に、
割った卵の状態、特に異臭がないか、黄身が崩れていないかなどを
十分確認することが重要であること。

卵は賞味期限切れであっても、
加熱調理をすることなどで食べられることが多いですが、
前提として、保存の状態に問題なかったことが重要であること。

賞味期限切れの卵のレシピは、
調理の前に状態を確認し、問題ないと判断した場合に限り、
生や半熟ではなく、しっかりと火を通した調理を行うことが
重要であることをお伝えしました。

卵はとても便利な食材です。
上手に付き合っていくことができればと思います。

本記事が参考になりましたら、嬉しいです。

スポンサードリンク

 - 生活の知恵 , ,