なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

牛乳の賞味期限切れはいつまで大丈夫か?未開封だとどうか?加熱したら?

   

スポンサードリンク

牛乳は、学校の給食に出されるほど、
子どもの成長に必須な栄養素をたくさん含み、バランスの良い飲料水です。

安定して供給されており、安価で売られていることも
消費者としてはありがたいことです。

その牛乳ですが、買っておいたけれど、つい飲み忘れて
冷蔵庫の中にしまったままにしてしまい、気が付いた時には、
賞味期限切れと言うことを経験された方も多いと思います。

ですので、牛乳の賞味期限切れはいつまで飲んでも大丈夫か、
知っておくことは、大切です。

今回の記事では、牛乳の賞味期限切れはいつまで飲めるかについて、
まず最初にお伝えしていきたいと思います。

それから、

・未開封だったらいつまで飲めるか
・加熱したら大丈夫か

それぞれについてお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

牛乳の賞味期限切れはいつまで大丈夫か?

基本的に、賞味期限切れの場合、
冷蔵庫などに適切に保存していた場合、
未開封であれば、1週間程度は大丈夫です。
但し、一度でも開封した場合、開封してから、
2,3日以内に飲み終えることをオススメします。

冷蔵庫に賞味期限切れの牛乳があるのを発見してしまったという経験を
したことのある人もいると思います。

賞味期限切れの牛乳は何となくお腹の調子が悪くなりそうな感じがして
飲まずにそのまま捨ててしまうことなどもあると思います。

実は、牛乳は賞味期限切れであってもすぐに捨ててしまったりしなくとも
大丈夫なことが多いです。

「賞味期限」とはその食品が美味しく食べられる(飲める)期間を
示しています。

そういう理由で、賞味期限が過ぎたからと言って、
その日を境に急に食べられなく
なるようなものではありません。

「賞味期限」に似たもので、
「消費期限」と言うものもあります。

「消費期限」は、お惣菜など品質の悪化が早いものなどに、
付けられています。

「消費期限」はその期日までに、
消費をしないと危険ですと言う意味です。

ですから、「消費期限」が明記された食品は、
消費期限が切れたら、即廃棄しましょう。
食べてみるなどもってのほかです。

一方、一般の食品の場合、
賞味期限切れであっても大丈夫なことが多いです。

 POINT! 

しかし、それはどのように保存をしていたのかということが重要です。
多くの食品の品質が悪化していくのは、
「高温」「多湿」「空気」が影響していることが多いです。

ですから、冷蔵庫などに適切に保管している場合は、
賞味期限切れ1週間程度であれば、飲んでも大丈夫です。
無論、飲む前に、異臭などしないかは、確認しましょう。

当然ながら、きちんと冷蔵庫に入れておかなかった場合は、
賞味期限に関わらず、品質が悪化してしまいますので、
注意しましょう。

牛乳の賞味期限切れ未開封だったらどうか?

基本的に、賞味期限切れでも、冷蔵庫に適切に保存していた場合は、
1週間程度は大丈夫な場合が多いです。

先ほど、品質の悪化に影響を与えるものに、
「高温」「多湿」「空気」の3つを書きました。

多くの食品では開封しない状態では、
内部が望ましい状態になっています。
雑菌などが繁殖しにくい状態です。

賞味期限は未開封の状態で美味しさが保てる期間を示しています。
一度開封してしまうと、空気と触れることになります。
空気には様々な菌が存在しています。
そういったものが、食品に悪い影響を与えてしまうことがあります。
「高温」「多湿」などの条件も加わると、急速に品質悪化が進みます。

牛乳が未開封の状態で賞味期限切れだった場合、
空気には触れていないことになります。
ただし、それ以外の保管の状態は分かりません。

飲むことができるかどうかは、
実際に牛乳の状態を確かめる必要があります。

例えば、
・ドロドロしている
・黄色くなっている
・酸っぱい匂いがする

などの場合は、潔く飲むのを諦めて廃棄するべきです。

牛乳は実は冷凍保存することができます。
1ヶ月程度保存することができます。

ただし、冷凍すると牛乳の中の水分と脂肪分が分離してしまいます。
解凍した際に少し風味が落ちてしまいます。

そのまま飲むのには向かないですが、
シチューに入れたりするにはちょうど良いかもしれません。

牛乳の賞味期限切れ加熱したら大丈夫か?

基本的に、未開封で冷蔵庫などに適切に保管していた場合で、
賞味期限切れ1週間程度であれば、加熱して飲める場合が多いです。
しかし、一度でも開封したら、牛乳の状態を確認し、
異常がない場合に限り、賞味期限切れの日までを目途に、
加熱して飲むことをオススメします。

牛乳に限らず、他の食品でも、
少し賞味期限を過ぎたようなものは加熱することで
食べたり、飲んだりすることができるようになります。

長く保存をする中で増えた雑菌などを、
加熱処理することで死滅させることができるからです。

牛乳も同様なのですが、他の食品と違い難しい点があります。
例えば、卵などの場合、加熱の温度は75度以上が望ましいと
されています。

しかし、牛乳を加熱する際、
電子レンジなどでは、設定が「60度」になっていることが多いです。

これは普通に牛乳を温める際、沸騰してしまい、
溢れ出てしまうことを防ぐために多くのレンジで、
そのようになっています。
その温度設定だと、少し心配な面もあります。

その為、牛乳を加熱する際はガスなどを用い、
しっかりと加熱ができるように配慮することが大切です。
シチューなどに入れる際はしっかりと熱が通るので安心です。

ホットミルクなどを作る際には、
ガス台の前でしっかりと加熱するけれども、
沸騰させないように微妙につまみを調整することが求められます。

まとめ

本記事では、
牛乳の賞味期限切れは飲んでも大丈夫かについて、
詳しく見てきました。

賞味期限切れの場合、冷蔵庫などに適切に保存していた場合、
未開封であれば、1週間程度は大丈夫であること。
但し、一度でも開封した場合、開封してから、
2,3日以内に飲み終えること。

未開封で冷蔵庫などに適切に保管していた場合で、
賞味期限切れ1週間程度であれば、加熱して飲める場合が多いこと。
しかし、一度でも開封したら、牛乳の状態を確認し、
異常がない場合に限り、賞味期限切れの日までを目途に、
加熱して飲むことが重要であることをお伝えしました。

本記事が参考になりましたら、嬉しいです。

スポンサードリンク

 - 生活の知恵 ,