なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

受験生に年賀状で一言添えたい言葉!コメントやメッセージで応援!

   

スポンサードリンク

この記事では、受験生に年賀状で一言添える言葉に関して、
具体的にはどのような言葉が適切なのかについて、
詳しくまとめています。

毎年、冬から春にかけては、
中学、高校、大学入試で、多くの学生が、
それぞれが志望する学校への入学試験を受験する季節で、
年賀状に添える言葉にも気を使います。

また相手が友人の場合もあるし、先輩や後輩の場合も、
相手のご家族に受験生がいる場合もあり、
年賀状に添える言葉、コメント、メッセージも変わってきます。

よかれと思って、年賀状に添えた言葉が思いの外、
受験生を傷つけることもあります。

本記事では、
そんな少しデリケートな心理状態にある受験生に年賀状で
添えたい一言について、詳しくまとめましたので、
是非参考にして下さい。

スポンサードリンク

受験生に年賀状で一言添えたい心に響く言葉とは?

基本的に、
相手を応援する気持ちを込めて、
「これからの一年が良い年になりますように!」
と言葉を添えてあげて下さい。

受験生に対する声かけでは、声をかける相手、
つまり、中学受験でも高校受験でも大学受験でも
相手の精神年齢によりかけられた言葉に対する反応も
千差万別ですので、特に区別は不要です。

ただ年賀状を受け取る時期は、大抵の場合、
志望する学校への入学試験をまじかに控えて、
かなりセンシティブな状態になっている場合が多いので、
変な勘繰りをされないように、
年賀状に添える言葉にも気を使いたいものです。

 POINT! 

その為、正月に届く年賀状に書く一言には、純粋に、
受験生を応援する言葉が一番です。

「健康管理に気をつけて、実力を発揮できますように!」
「素晴らしい一年になりますように!」
「頑張り屋のあなたを応援しています!」

などの言葉を添えるのが良いでしょう。

受験生に年賀状で気の利いたコメントとは?

基本的に、
受験生に年賀状で気の利いたコメントは、
相手との関係により異なりますが、相手の立場に寄り添った
気持ちを伝えるとよいでしょう。

受験生に年賀状で添える一言としては、相手との関係が、どのようなものか、
(友人なのか、先輩なのか、後輩なのか、親御さんなのかなど)
によって、その内容が変わってきます。

大きくは、次の6つにパターンに分かれます。
①自分もその人と同じ受験生の場合:
②自分も受験生だったが、既に合格し、行く所が決まっている場合:
③友達であるが自分は受験とは関係ない場合:
④相手が先輩の場合:
⑤相手が後輩の場合:
⑥相手が受験生本人ではなく、そのご家族の場合:

①自分もその人と同じ受験生の場合:
 「一緒に頑張ろう!」というようなイメージで良いでしょう。
 ある意味同じ立場ですので、あまり気をつかわずに済みます。

②自分も受験生だったが、既に合格し、行く所が決まっている場合:
 このケースが最もデリケートです。
 例えば、11月から12月にAO入試などが行われます。
 その時点で、行く学校が決まってしまう人は相当数います。

 その後、1月から3月にかけて、一般入試が行われます。
 こういったケースでは、ほどほどの一言がちょうど良いです。
 あまりに熱く、「絶対大丈夫だ!」といった感じや、
 逆にさらっとし過ぎた無責任な言葉かけは控えましょう。

 どの受験生もそうですが、受験の前の時期は、
 ピリピリしていて、友達からの言葉に対しても
 敏感になりがちです。
 受験生の感情が乱れてしまう可能性があるので、
 安易に無責任な言葉かけは控えましょう。

 「風邪などひかないように健康管理にはくれぐれも気をつけて、
  入学試験に臨んで下さいね!」

 程度が良いでしょう。

 特に受験の直前は、とても感受性が敏感になっているので、
 バランスよく声かけをするのがおすすめです。

③友達であるが自分は受験とは関係ない場合:
 ①のケースと同様に、
 あまり気をつかわず、頑張れという気持ちを伝えれば良いでしょう。

④相手が先輩の場合:
 このケースでは、相手は先輩であり、自分はまだ受験生ではないので、
 年賀状に受験の事を書くのは控えた方が無難です。

 「頑張って下さい!」とか、
 「素晴らしい一年になりますように!」とか、
 「先輩なら、きっと大丈夫です!」
 なんてことは、後輩の立場からは書くべきではないです。

 精々、
 「今年もよろしくお願い致します」
 程度のコメントに留めるべきでしょう。

⑤相手が後輩の場合:
 このケースでは、相手が後輩にあたるので、
 自分の経験も踏まえて、コメントされると良いでしょう。

 「自分を信じて、入学試験に臨んで下さい!」
 「風邪など引かないように気を付けて、実力を発揮して下さい!」
 「入学試験には、何よりも集中して臨んで下さい!」

⑥相手が受験生本人ではなく、そのご家族の場合:
 このケースでも配慮は必要です。

 「ご子息のお受験、大変とお察しします。
  素晴らしい春をお迎えになられることをお祈りしております」

 相手のご家族との付き合いの深さにもよりますが、
 長々と書かず、短めにコメントされるのがオススメです。

受験生に年賀状で応援メッセージ!

一般的に、
受験生への年賀状に添える応援メッセージは、
色々ありますが、できるだけ短く平易な言葉を使ったメッセージが
おすすめです。

応援のメッセージをまとめましたので、
見ていきましょう。

短く書く方が、思いがスムーズに伝わる場合が多いです。
受験生には短くても、思いのこもった言葉だと嬉しいものです。

ただし、注意する点は、前の章でもご説明したように、
受験生との関係性において、
書いた方が良い内容とやめておいた方が良い内容があります。

そういったことには、気を配るようにして下さい。

また手書きの場合は、濃い目の筆やペンで、
力強く思いを込めて書きましょう。
薄くで細い文字は、あまり良い印象を与えないので、
注意しましょう。

●応援メッセージ例:

・「努力は裏切りません!」
・「ベストをつくして!」
・「最期まで諦めないで!」
・「負けるな!ファイト!」
・「高きを目指して!」
・「粘り強く!」
・「がんばれ!」
・「希望を持ち続けて!」
・「夢を追いかけて!」
・「自分を信じて!」
・「いつも応援しているよ!」
・「大丈夫!できる」
・「もうひと踏ん張り!」
・「ラストスパート!」」
・「幸運の女神がほほ笑むように!」

まとめ

本記事では、
受験生に年賀状で一言添える言葉に関して、
詳しくまとめました。

年賀状へ添える言葉としては、
受験生との関係が大切だということを説明しました。

そういう部分に関しては、十分に気を配り、
後は「応援しています!」という気持ちを、
素直に表現すれば良いでしょう。

この記事が、受験生に年賀状で一言添える言葉を考えるのに、
少しでもお役に立ちましたら、とても嬉しいです。

スポンサードリンク

 - 受験 ,