なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

幼稚園は何歳から入れて2016年生まれだと?早生まれは?プレは?

   

スポンサードリンク

この記事では、幼稚園は何歳から入れるのか、
特に、2016年生まれだと何歳から入れるのか、
について、詳しくまとめています。

赤ちゃんが少しずつ成長してくると、親としては
「保育園」や「幼稚園」について、色々悩むかと思います。

それ以外にも「認定こども園」というのみあります。

保育園や幼稚園は、
特に学区が決められている訳ではないので、
子どもをどこに入れるか、迷うところではないでしょうか。

選択肢の多さや現在、認定こども園などが作られていることなどで、
分かりにくくなっている面もあります。

今回の記事では、幼稚園の入園について、2016年生まれの場合、
何歳から入園できるかについて、
まず最初にお伝えしていきたいと思います。

それから、

・早生まれの場合
・プレ幼稚園に入園する場合

それぞれについてお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

幼稚園は何歳から入れて2016年生まれだとどうか?

基本的に、
満年齢で、年少が4歳、年中が5歳、年長が6歳で、
幼稚園に入れます。
また、2016年(平成28年)生まれの場合は、
2020年(平成32年)から、幼稚園に入れます。
正確には、以下文中で詳細をお伝えしていきます。

「幼稚園」と「保育園」には、少々違いがあります。

幼稚園は、文部科学省が所管しており、
学校教育法第1条に規定される学校の一種だとされています。

一方、保育所(保育園)は、厚生労働省が所管しており、
児童福祉法第7条に規定される児童福祉施設で、
保育(養護と教育)を行うものとされています。

また、最近少しづつ増えてきたのが、
幼稚園機能と保育所機能を併せ持つ施設である、
「幼保連携型認定こども園」です。

幼稚園への入園は、学校教育法第26条で、
「満三歳から小学校就学の始期に達するまでの幼児」とされており、
幼稚園設置基準第4条では、
「学級は、学年の初めの日の前日において同じ年齢にある幼児で
編制することを原則とする」
となっています。

学年は、学校年度4月1日から翌年3月31日までに達する
満年齢で決まるので、実際には、
4月2日から翌年4月1日までの生まれで、

・年少が4歳、
・年中が5歳、
・年長が6歳

になるとなっています。

 POINT! 

また、2016年(平成28年)生まれの場合ですが、
2020年(平成32年)から、幼稚園に入れます。

正確には、
2016年4月2日から2017年4月1日までの子どもが、
2020年4月に入園することができます。

2015年4月2日から2016年4月1日までの子どもが、
2019年4月に入園することができます。

幼稚園は早生まれの場合何歳から入れるのか?

基本的に、
早生まれの子供でも、幼稚園に入れるのは満年齢で決まります。
そういう理由で、
年少が4歳、年中が5歳、年長が6歳で、幼稚園に入園できます。

「早生まれ」の子どもは、
幼稚園の場合、以下の通り、いくつか影響があります。

「早生まれ」とは、1月、2月、3月に生まれた子どもです。
学校に関しては、法律で「満年齢」で考えるので、
4月1日も含まれます。

「早生まれ」の子どもは、
4月から12月に生まれた「遅生まれ」の子どもと比べ、
生れてからのその時までの期間が短くなります。

でもそのことで、早い時期に刺激を受けることで、
成長が促されるというメリットがあります。

逆に、幼稚園に入学した際などに、
周りの子どもと比べると成長が遅いと見られる場合もあります。

幼稚園はプレの場合何歳から入れるのか?

基本的に、
プレ幼稚園は、4歳になる前に一定期間、幼稚園に入園できます。

幼稚園では「プレ幼稚園」をやっているところが多いです。
「プレ」は、「未就園時クラス」と言われたりもします。

幼稚園入園前の時期に一定期間、幼稚園に慣れるために行われます。

期間は、入園前の1年間で行われる場合が多いですが、
半年間や1月~3月までの数か月間行われる場合もあります。

目的は、

「入園前に園の生活を体験する」
「幼稚園の雰囲気や環境に慣れる」
「子育て支援の一環として場所を提供する」

などがあります。

ただし、全ての園が、「プレ幼稚園」をしている訳ではありません。
「プレ幼稚園」をやっているかどうかは、
施設の状況や人員などの状況などによります。

入園を希望している幼稚園がプレをやっているようなら、
是非参加した方が良いでしょう。

スムーズな入園につなげることができ、
子どもに取っても負担が減り、メリットは大きいので
特におすすめです。

まとめ

本記事では、幼稚園には何歳から入園できるかについて、
詳しくまとめました。

現在、幼稚園を取り巻く状況は、
日々変化しています。

保育園と幼稚園の複合施設である、
「認定こども園」もできています。

「プレ幼稚園」のやり方も様々なやり方の園が出てきています。

幼稚園を管轄する文科省、保育園(保育所)を管轄する厚労省の
両方の様々な施策などの政治によって、
幼稚園を取り巻く状況は、大きく変わってきています。

親としては、そういった情報に常に敏感になり、
少しでも子どもがより良い環境で過ごすことができるように、
心掛けたいものです。

この記事が、子供さんの幼稚園入園をお考えのあなたに、
少しでもお役に立てましたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 幼稚園 , ,