なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

充填豆腐の意味?賞味期限切れ一週間は食べても大丈夫?にがり危険?

   

スポンサードリンク

最近、スーパーなどでは、
色々な種類の豆腐が売られています。
子ども向けに、キャラクターの形をした豆腐なども
売られています。

実はそれらは「充填豆腐」という種類の豆腐です。
製造法が普通の豆腐とは少し違っています。

豆腐は、製造法の違いによって、
色々な種類の豆腐を作ることができるようになっています。

そんな中でもあまり聞きなれない充填豆腐、
どんな豆腐なのか、購入する時の豆知識として、
知っておくと便利です。

今回の記事では、充填豆腐とはどんな豆腐かについて、
まず最初にお伝えしていきます。

それから、

・充填豆腐の賞味期限切れ一週間は食べられるか
・充填豆腐の危険なポイント

それぞれについてお伝えしていきます。

参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

充填豆腐とはどんな意味?

一般的に、充填豆腐は、
豆乳を作るところまでは、他の豆腐と同じなのですが、
他の豆腐が水にさらしたりするのに対して、
充填豆腐は豆乳をそのまま容器に入れる点が、
普通の豆腐と大きく異なります。

「充填豆腐」は、製造法が、
「木綿豆腐」や「絹ごし豆腐」とは違っています。

豆乳を作るところまでは同じなのですが、
充填豆腐は豆乳をそのまま容器に入れます。
そして密閉し、その容器を加熱、冷却し、豆腐を完成させます。

一般的な豆腐は完成品を容器に入れるのは、
最後の工程になります。
それまで水にさらしたり、その他の工程があります。

その間、わずかではありますが、
雑菌などが繁殖する可能性はあります。

その点、充填豆腐は空気などに触れる機会が少ないので、
菌などの繁殖の可能性は少なくなります。

また、完成させる際に、普通の豆腐の場合は、
「水にさらす」という工程の中でいくつかの栄養素が、
水に溶け出してしまいます。

充填豆腐ではそういったことがないので、
葉酸(ようさん)などの栄養素が高くなっています。

 POINT! 

製造の過程で、豆乳を容器に入れた後に、
空気とは触れないので、雑菌などが繁殖しにくく、
賞味期限が他の豆腐と比べ長くなっています。

また、充填豆腐が木綿豆腐や絹ごし豆腐と大きく違うのは、
「型に入れてから加熱して固める」ということです。

このことによって、様々な形の豆腐を作ることが
できるようになりました。

木綿豆腐や絹ごし豆腐のように出来上がったものから、
形を切り出すことも不可能ではないですが、
相当困難です。

それと比べると容器の型を作っておいて、
そこに豆乳を流し込むだけの充填豆腐は、
より簡単に様々な形に豆腐を作ることが可能です。

形だけでなく、その製造法から味にもバリエーションができています。
充填豆腐を固める前の豆乳に、フレーバーを付けることで、
ゆず豆腐や枝豆豆腐などが簡単に作ることができます。

また、ババロアのような豆腐も販売されている。
黒蜜やジャムなどがついていて、
スイーツのような食べ方をするものも販売されている。

充填豆腐はその製造方法から、
豆腐のバリエーションを豊かにすることにつながっています。

充填豆腐の賞味期限切れ一週間は食べても大丈夫か?

一般的に、充填豆腐は、賞味期限切れ一週間は、
食べても大丈夫かどうかは、購入後の保存状態に依存するので、
長持ちする充填豆腐と言えど、必ずしも食べられる訳ではありません。

先ほど、製造方法についてご説明した際、
充填豆腐は保存期間が長くなるということについて説明しました。

一般的な豆腐(木綿、絹ごし)と比べ、
もともと少し長めの賞味期限となっています。

「賞味期限切れ一週間」の充填豆腐については、
食べられる場合と食べられない場合があるので注意が必要です。

それは、保存の状態が関係しています。
充填豆腐はもともとその製造法から、
賞味期間は長く設定されています。

しかし、保存の状態によっては、
もっと早くダメになってしまうこともありますし、
もっと長持ちする場合もあります。

「賞味期間」は望ましい状態で保存をした場合において、
美味しく食べることができる期間を示しています。

保存の状態が望ましくない場合は、
それよりも短くなる場合もあります。

例えば、スーパーで購入した後、
長い間(数時間)常温の環境に置いておいた場合や
冷蔵庫の中でも入り口の近くで、
外気の影響を何度も受けるような場所に置いておいた場合などは、
実際の賞味期間は大きく影響を受けます。

このように保存の状態の影響を大きく受けるので、
賞味期限切れの充填豆腐を食べる際には、
匂いを嗅いでみたり、少しだけ食べてみるなどのチェックをした後に、
食べることが大切です。

もし変な匂いがしたり、
嫌な味がした場合は、食べるのをやめておきましょう。

充填豆腐の危険なポイントとは?

一般的に、
充填豆腐には、「にがり」が抜けていないので、
味が苦く感じられることがあります。
この「にがり」、豆腐の凝固剤(添加物)で、
元々人間が食べる為に作られたものはなく、
過剰摂取は体に悪影響を与えるので、食べすぎにはご注意下さい。

充填豆腐の危険なポイントとしては、
その製造法に関連があります。

普通の豆腐でも使う「にがり」ですが、
充填豆腐の場合、水に晒していないことから、
この豆腐を固める時に使う「にがり」が、
抜けていないという特徴があります。

それが味にも影響を与えます。
苦味が強く感じられる場合があるのは、そのためです。

●(ご参考;にがり)
 正式名称は、「粗製海水塩化ナトリウム」。
 別名、「塩化マグネシウム含有物」といいます。
 豆腐の凝固剤として、海水からとれる塩化マグネシウムを
 主成分とする食品添加物。
 飲み過ぎると、
  ・下痢
  ・ミネラル吸収阻害
  ・高マグネシウム血症
などの悪影響が出る場合があるので、過剰摂取は要注意。
充填豆腐を

まとめ

この記事では、充填豆腐はどんな豆腐かについて、
お伝えしてきました。

豆乳を作るところまでは同じですが、
他の豆腐が水にさらしたりするのに対して、
充填豆腐は豆乳をそのまま容器に入れる点が、
普通の豆腐と大きく異なること。

水にさらさない為、他の木綿豆腐や絹ごし豆腐に比べ、
保存期間が長いこと。

賞味期限切れ一週間経過しても食べられるかどうかは、
購入後の保存の状態に依存すること。

充填豆腐には、「にがり」が抜けていないので、
味に苦みがある場合があり、過剰摂取は良くないことをお伝えしました。

最近では、フレーバーの付いたものや
スイーツタイプのものなども販売されています。

それぞれの豆腐の特徴を理解し、
上手に使い分けていくことができると良いですね。

本記事が、参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

 - 生活の知恵