なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

性格が顔に出る根拠とは?年齢はいくつから気になる?女性の場合は?

   

「性格は顔に出る」という言葉を聞いたことがあると思います。

きつい性格の人は、顔にもそういった雰囲気が出てきますし、
逆に温和な人は、顔もやはり温和な感じになってくるというものです。

ですので、知人、友人など相手との付き合いを考えると、
性格が顔に出る根拠など因果関係を知っておくことは大切です。

今回の記事では、性格が顔に出る根拠について、
まず最初にお伝えしていきたいと思います、

それから、

・性格が顔に出る年齢
・性格が顔に出ることについて女性の場合

それぞれについてお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

性格が顔に出る根拠とは?

一般的に、性格に伴って変化する顔の表情は、
概ねほぼ一定になる為、その表情に応じて、
使われる顔の筋肉も同じになり、皺や口角が定着して、
それが特徴となって、性格が表情に表れることになります。

アメリカの大統領リンカーンは、
「男は40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て」
と語ったそうです。

これは、
「その人の生き方、考え方、性格、品性は、
顔に出るので気をつけた方が良い」
ということを意味しているのでしょう。

例えば、色々なことに不平不満ばかり言っているような感じの人は、
常に眉間にシワが寄っていることが多いです。

また、目もきつい感じになり、そういった表情が多くなります。

 POINT! 

日頃よく使う筋肉(表情筋)が発達し、
定着していくことが、性格が表情に表れてくるという所以でしょう。

特に口元の歪み、口角の下がり、
眉間などのシワなどが特徴となってきます。

ですから、日頃から、不平不満を言わず、
悩みがあってもうまくストレスを解消して、
にこにこしている方は、目元も穏和な感じで、
眉間に深い皺が入ったりせず、やさしい顔になります。

そのように理想的な状態を保つことは、
やはり性格次第ということになりますので、
常に実践することは、なかなか難しいことです。

しかしながら、少しでも理想の顔に近づける為に、
日頃から努力したいものです。

性格が顔に出る年齢はいくつから気になる?

一般的に、
性格の強弱やその性格が表、顔に出る頻度にもよるので、
「性格が顔に出る」年齢については、
はっきりと何歳からとは言えません。

顔の筋肉などにも個人差もあるので、
一概に何歳からとは言いにくいのですが、
多くの場合、30歳くらいからとされています。

これは、筋肉(表情筋)や肌の老化との関連からです。

20歳代までは、顔にもハリがあることが多いです。
そういったハリが良い形で影響し、
変なシワなどを付けずに済んでいます。

それが年齢を重ねることで、
肌の潤いや筋肉量の低下などで、
元に戻る復元力が衰えてきます。

そういったことの繰り返しの中で、
きつい性格の人は、
眉間にシワが寄った跡が消えなくなったり、
目元がきつくなったりするようになります。

スポンサーリンク

性格が顔に出る女性の場合は?

一般的に、性格が顔に出る根拠に基づき、
男性のみならず、女性も性格が顔に出ます。

但し、その人の性格が顔に出ることについては、
悪い面ばかりではありません。

柔和な人はそういったものが表情にも出てきます。
「笑い皺」などと言われるものです。

こういったものは、短期間で一気に出来上がるものではありません。

きつい性格の人の眉間のシワも柔和な人の笑いシワもどちらも
日常生活の中での繰り返しと肌や筋肉の老化と関わりながら、
固定化されていきます。

ただ女性の場合、
お化粧をすることなどでそういった面をカバーしようと
しているケースもあります。

お化粧などに気を配ることで、違った表情を作ることができます。
シワをカバーしたり、肌色を明るくしたりすることなどです。

ただし、そういったことにも限界があるでしょう。
「目が笑っていない」
という言葉を聞いたことがある人もいると思います。

一見、顔は笑っているのだけれども、
目だけは少し違った感じの表情をしているというものです。

「目は口ほどにものを言う」
と言うことわざにもあるように目には、
素直な感情が出やすいものです。

「目が笑っていない」と言う印象を抱く場合、
その人に対し、マイナスの印象を抱きやすいです。

「信頼できない」、「裏がありそう」
などの不信感に近いものを感じてしまいます。

また、化粧とは違った形としては、
表情は訓練することである程度作ることができるようになります。
意識して笑うように心がけることなどを繰り返す中で、
そういったものが自然にできるようになってきます。

「笑う門には福来たる」のように、
「笑顔」があるところには良い運気が流れ込みます。

良い出来事があることで、さらに笑顔が多くなります。
良い運気のスパイラルが出来上がります。

先ほど書いた目も含めて自然に笑うことができるようになれば、
その後の人生もより良いものになることでしょう。

こういったことはある程度の練習でできるようになります。
まずは鏡の前で自分の表情を見てみることが始まりです。

笑うのが苦手な人は、鏡を見ながら笑う練習をしてみましょう。
きっとぎこちない表情しかできないはずです。

口角を上げたり、目を開いたりと色々な表情を作りながら、
自分の自然な笑顔を作る練習をします。

ある程度、そういった顔ができるようになったら、
生活の色々な場面でそれを活用するようにします。

はじめはなかなかうまくいきませんが、
何事も繰り返していく中でうまくいくようになってきます。

まとめ

本記事では、性格と表情の関係について、
詳しくお伝えしました。

性格に伴って変化する顔の表情は、
概ねほぼ一定になる為、その表情に応じて、
使われる顔の筋肉も同じになり、皺や口角が定着して、
それが特徴となって、性格が表情に表れることになること。

性格の強弱やその性格が表、顔に出る頻度にもよるので、
「性格が顔に出る」年齢については、
はっきりと何歳からということは言えないこと。

性格が顔に出る根拠に基づき、
男性のみならず、女性も性格が顔に出ることをお伝えしました。

加齢などの中で、
性格は表情に固定化されやすいことをお伝えしました。

なるべく笑うことを心掛けることで、
表情もそのようになります。

そうすることで、自然と笑うこともできるようになってきます。

歳をとった時に、「良い歳の取り方をしている」
と言われるようになりたいものです。

本記事が、性格のみならず、あなたの理想とする顔作りに、
少しでもお役に立ちましたら、嬉しいです。

 - ライフスタイル ,