なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

卒業文集の書き方で親からのメッセージの例文!心に残る一言とは?

   

お子様の卒業はいつかはくるものですよね。
そんな時、「心に残る一言を残したいけど、どんな言葉がいいだろう?」
と思ったことありませんか。

これからの長い未来のために背中を押してあげられる一言を、
贈った言葉を大切にして、生きていって欲しいと
思うこともあると思います。

ただそう思って、いざ心に残る一言を考えようとすると、
どういう言葉を贈ったらいいのか迷ってしまうものです。

今回は、そんなお父様お母様たちのために、
お子様の心に響く一言についてお伝えします。

是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

卒業文集の書き方で親からのメッセージ例文!

卒業の際にお子様に、心に響く一言を残したいと思うのは、

「お子様のこれからの未来に、贈った言葉を大事に、
 これからもお子様らしく生き生きと生きていって欲しい」

という、これから長いお子様のことを思う気持ちの表れだと思います。

今後お子様が幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、会社など
卒業という場面は様々あると思いますが、
親御様にとってはどの場面でもお子様の大切な卒業ですよね。
大事に、大切に思っているからこそ考える道だと思います。

なぜ、お子様に卒業文集で心に響く一言を、
残したいかというと、以下の想いからではないでしょうか。

・卒業までに何年かの時を過ごし、親御様からの感謝の気持ちを伝えたい
・お子様に秘められた将来の応援したい気持ち

卒業というものは、卒業するまで何年かの時が経っています。
小学校卒業を例に例えると、幼稚園から上がり、
6年間という時を過ごし卒業に至ります。

その6年間には、

・お子様の成長や頑張ったところ
・良かったところ
・未来に向けての成長

様々な成長があったと思います。

そんなお子様に向けて、以下の想いが溢れてくるものです。

・元気よく育ってくれてありがとう
・6年間で成長したね、その6年間で私たちも一緒に成長できた

など、小さいながらもお子様から学ぶこと、
見習うところなど少なからずあると思います。
その様な親御さまのお子様に対する感謝の気持ちを、
素直に伝えることも大切です。

また、ついこの間産まれたばかりだと思っていたお子様も、
いつかは親御さまの元を離れてお仕事をしていくことになります。

小さい子供は、

スポンサーリンク

「大きくなったらサッカー選手になりたい」
「大人になったらお花屋さんになりたい」

と様々なことに興味があり、目をキラキラ輝かせ、
夢を教えてくれる姿はとてもかわいくて素敵ですよね。

目を輝かせとびっきりの笑顔で話してくれた時には、
例え後に、夢が変わったとしても、
その時に感じたことを大切にしてほしいものですよね。

その思いを大切に、

「夢があるということは大切なことだよ」

と伝えることはとても大切なことです。

そんな中、親御さまからお子様に伝えるメッセージは、
どんな風に書いたらいいのかと迷う方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方のために、以下に親御様からお子様に伝える
メッセージのポイントを挙げますので参考にしてみてください。

メッセージにはいくつかのポイントを理解しておけば、
ステキなメッセージが書けますよ。

お子様の年齢によっても様々で異なってきますが、
以下の意見が挙げられます。

 POINT! 

・分かりやすく
・短い文章で
・大人に接するように
・直筆で

これらのことを意識してメッセージを書いてみてください。
お子様も喜び、心に響くメッセージが書けると思いますよ。

卒業文集の書き方で親から心に残る一言とは?

基本的に、
お子様の気持ちを尊重して伝えてあげることが大切です。

以下に、いくつか例文をお伝えしますので、
参考にしてください。

・「明日はあなたの味方」
・「人間にとって、最大の幸福とは何か。それは、新しい発展に参加することだ」
・「昨日から学び、今日を生き、明日に期待しよう」
・「明日という別の日がある」
・「毎日が自分の分岐点」
・「どん底からドラマは始まる」
・「夢見ることが出来れば、それは実現できる」
・「じっくり考えろ。しかし行動する時がきたなら、考えるのをやめて進め」

その時、その時のお子様の状況に沿って、
贈る一言を変えてみましょう。

お子様にとって、人生をより良く生きるヒントに繋がるでしょう。

まとめ

お子様にとっても親御様にとっても卒業というのは、
とても大切なものです。

親御様にとっては、お子様の大切な節目に、
卒業文集として、心に響く一言を残したいと思いますよね。

その様にお考えの親御様に向けて、
メッセージのポイント、例文をお伝えしました。

これから長い人生を歩んでいくお子様の心に響き、
幸せな人生を送れるよう、背中を押して挙げられる一言を、
残せるように今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。

親御様もお子様も素敵な未来を歩めますように。
ご卒業おめでとうございます。

 - 春の行事 , ,