なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

手術前にかける言葉でメール例文は?上司や目上の人には?子供には?

   

手術前は漠然とした不安を抱えてしまう場合が多く、デリケートになりがちです。
ですから自ずと手術を控えている人にかける言葉選びは、
大変難しいものとなります。

前向きになれるような言葉をかけられれば…と、悩んでいませんか?

今回は手術前にかける言葉について、お伝えしていきます。
言葉選びに悩んだ時は、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

手術前にかける言葉でメール例文は?

基本的に、手術前には、
手術の成功を願っていることを伝えましょう。

手術前に、直接お見舞いに行けない時もありますよね。
そんな時は、メールで気持ちを伝えてみましょう。
実際にメールでは、どんな言葉を選ぶと良いのかまとめてみました。

・手術の成功を願っている旨を伝える

人によって、言葉の受け取り方は異なります。
特に手術前は不安が募り、その人のためを思った言葉でも
好意的に受け止めてもらえない場合もあるでしょう。

 POINT! 

そんな時は「手術の成功を祈っている」という内容を
伝えるのがおすすめです。

・手術が上手くいくようにお祈りしています
・いつも見守っています (側にいます)
・落ち着いたら、一緒に遊びに行きましょう
・遠方から応援しています

など、温かい言葉をかけてあげましょう。

・叱咤激励は避ける

手術前と聞くと、ついつい、

・手術を頑張れ
・病気に負けるな
・絶対大丈夫

など、励ましの言葉をかけたくなる人も多いですよね。

しかし手術前の人は、入院中様々な検査を受け、すでに頑張っている状態です。
気持ちが前向きに慣れるような、優しい言葉をかけてあげた方が良いでしょう。

●保障出来ない言葉は使わない

前向きになってもらいたいから…と言っても

・「必ず手術は成功するから」
・「手術すれば退院出来る」

など、確証のない言葉を使うのは控えましょう。

特に治る見込みのない手術の場合は、上記のような言葉がストレスになってしまいます。
不確かな情報を伝えるのではなく、
「手術を無事に乗り越えて欲しい」という、
自分の気持ちを、素直に伝えることが大切です。

手術前にかける言葉で上司や目上の人には?

基本的に、手術前に上司や目上の人にかける言葉としては、
仕事の事は忘れ、手術からの回復に専念して欲しい旨を
伝えましょう。

今までは一般的な言葉遣いを見てきましたが、
相手との関係性にもよりますが、手術前にかける言葉選びは難しいですよね。
会社の上司や、年上の人にはどのような言葉使いが適切なのでしょうか。

スポンサーリンク

●病状の回復に専念して欲しい旨を伝える

目上の人にメールを送る時は、緊張してしまう人もいるのではないでしょうか。

お見舞いメールを送る時は、長文である必要はありません。
体調を心配している旨などを、一般的な内容と同じように、
伝えると良いでしょう。

特に会社の上司に対しては、仕事の話題は避けるのがポイントです。

・仕事は気になさらずに、ゆっくりとお体を休めてください
・取引先など気にかかっていらっしゃるかと存じますが、
 体調のご回復に専念くださいますようお願い申し上げます

など、手術前に余計な心配をかけない言葉使いを選ぶのがおすすめです。

手術前にかける言葉で子供には?

基本的に、手術前の子供にかける言葉としては、
子供の年齢に応じて、手術の内容や病院にいる理由を、
わかりやすく伝えてあげましょう。

手術を受けるのが子供の場合は、年齢によって
自分が置かれている状態が、理解しにくいケースもありますよね。
環境の変化に戸惑い、恐怖を感じとってしまう子供も少なくありません。

また子供は表情を見て、状況を判断しやすいので
手術前はメールよりも、直接会話した方が良いでしょう。
手術前の子供には、どんな言葉をかけてあげると良いのでしょうか。

年齢によって、状況に相応しい言葉は、大きく変わってくるものです。
以下年齢別に見ていきましょう。

●1歳未満の乳児の場合:
 言葉の意味は理解出来なくても、周囲の雰囲気や変化には敏感です。
 普段使っているタオルや、ぬいぐるみを側に置いてあげましょう。
 優しい声で、いつもと同じように話かけてあげるのがおすすめです。

●1歳~3歳の幼児の場合:
 急に親元を離されると、パニックを起こす可能性があります。
 「手術」という意味がわからなくても、
 ・悪いものを退治する 
 ・○○を治してもらう (耳や、お腹など手術する部分)
 ・終わったら家族(パパや、ママ)に会えるから大丈夫
 など、子供の不安を少なくする言葉をかけることが大切です。

●3歳~5歳の幼児の場合:
 保育園や、幼稚園に通い始める年齢の子供は
 自分がどうして病院にいるのか、環境の変化も大変気にします。
 手術するために、入院することをごまかさずに話しましょう。
 ・元気に過ごすために手術する
 ・病院は悪いところではなく、元気になるための場所
 というイメージが出来るように、簡単に入院前から伝えるのがポイントです。

●6歳~12歳の小学生の場合:
 本や、ネットを使ってたくさんの情報を探すことが出来る年齢です。
 入院する前に早い段階から、手術について説明した方が良いでしょう。
 手術を受けたり、体調が崩れてしまうのは
 自分のせいではないか…と自分を責めてしまう子供も少なくありません。
 ・なぜ手術を受けることになったのか
 ・痛みの原因は何か (突き止めるために手術をする)
 ・手術中に不安がないか
 など、子供に向き合う時間を作ってあげることが大切です。

手術について説明しにくい場合は、担当の医師や看護師に相談の上
一緒に話す時間を設けてもらうと良いでしょう。

まとめ

手術前は普段穏やかな人でも、緊張しやすいものです。

お見舞いのメールを送る時は、文面に気を配り
相手の気持ちを和らげるような言葉を選びましょう。

・手術の成功を祈っています
・直接お見舞いに行けませんが、見守っています

など、優しく寄り添うような言葉使いは、
相手に希望を与えてくれますよね。

また手術を行うのが会社の上司や、
目上の人の場合というケースもあります。
その場合は仕事の話から離れて、
「しっかり休養して欲しい」と伝えるのがポイントです。

一方子供の場合は、年齢によって
手術の内容や、病院にいる理由を,
わかりやすく伝えてあげましょう。

説明に悩んだ時は、担当医師や看護師に
相談してみるのもおすすめです。

手術前にかける言葉選びに悩んだ時は、
今回の内容を参考にしてみてください。

 - 病気 ,