なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

結婚式の祝儀袋の書き方は?中袋はどうする?包み方は?

   

3cd3a06419fb498e111b834f4d43c962_m_R

結婚式の招待状を受け取ると、
とても嬉しいものです。

特に初めて招待状を受け取った場合は尚更ですね。

当日はおめかししてお祝いに駆けつけることになる訳ですが、
一緒に持っていくご祝儀袋のことがよくわからない
という方が多いようです。

ご祝儀袋って、何か決まり事でもあるのか、
よくわからない?

何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサーリンク

結婚式の祝儀袋の書き方は?

一般的には、
祝儀袋の表書きは、あなたの姓名を書きます。
名字だけでなく、名前もしっかり書きます。

名前を書く際は、以下の事に注意して書いて下さい。

  • 袋や水引きとのバランスを考える
  • 文字の大きさもバランスよく書く
  • 水引きにかからないように、少し下がったところから書く

基本は、毛筆。
筆ペンで大丈夫です。
万年筆やボールペンの使用は厳禁です。

どうしても筆タイプで文字を書くのが苦手な方は、
黒のサインペンで代用しましょう。

もちろん、色は黒で書きます。
決して、薄い黒、かすれた黒は使ってはなりません。

おめでたいことは慶びを表す意味でも、濃い墨で書いて強調します。
一方、薄い黒やかすれた黒は、弔事の時に使います。
悲しみの涙で墨が滲む気持ちを表すために、薄い黒で書きます。

この場合は慶びを表す為、必ず濃い黒を使います。

夫婦連名で書く場合は、
表書きは、まず夫の名前をフルネームで中央に書きます。
そして、夫の名前の左側に妻の名前を書きます。
妻は名前だけ書きます。

結婚式の祝儀袋の書き方で中袋はどうする?

中袋の表側の中央に縦書きで、金額を書きます。
こちらも万年筆やボールペンではなく、
筆ペンを使いましょう。

スポンサーリンク

数字は、漢数字を使います。

たとえば、3万円贈る場合は、

「金 参萬円」と書きます。
金の文字と金額の数字の間は少し離して書きます。

<ご祝儀袋の中袋の金額の書き方>

金額 略式 正式(旧字体)
5,000円 金 五千円 金 伍阡円
10,000円 金 一万円 金 壱萬円
20,000円 金 二万円 金 弐萬円
30,000円 金 三万円 金 参萬円
50,000円 金 五万円 金 伍萬円
100,000円 金 十万円 金 拾萬円

中袋の裏側は、左側、上部から少し離して、
郵便番号、住所と氏名(名字と名前)を
全て漢数字で書きます。

結婚式の祝儀袋の中袋の包み方は?

中袋へのお金の入れる向きですが、
お札の表側(肖像画のある側)が
中袋の表側に向くように、
かつ、肖像画が上側に来るように入れます。

お祝いごとなので、新札を準備します。
お金を中袋に入れたら、ご祝儀袋で包みます。

 POINT! 

中袋の表側と祝儀袋の表側は、同じ方向を向くように包みます。
また祝儀袋を横からみたとき、上下の折り返しは、
必ず下からの折り返しが上になるように折ります。

注意点ですが、祝儀袋から中袋を取り出す時は、
一旦ご祝儀袋を開くことになります。
その時、後で中袋を入れる時のことを考えて、
必ず折り方を覚えておきましょう。

まとめ

結婚式の招待状を貰ったら、できるだけ出席して、
二人の門出をお祝いしてあげましょう。

ご祝儀袋は、結び切りの水引のものを選んで、
あなたの名前をフルネームで書きます。

中袋の表側には、金額を、
裏側には、郵便番号、住所と名前(名字と名前)を
全て漢数字で書きます。

当日は、祝儀袋を袱紗(ふくさ)に包んで、
受け付けに「おめでとうございます」とお祝いを述べてから、
袱紗(ふくさ)から祝儀袋を取り出して、心を込めて贈りましょう。

 - 結婚式 ,