なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

PM2.5の影響による症状は?人体には?対策グッズのおすすめは?

   

039469_R

寒い冬から暖かくなり始めると気になるのが、
PM2.5ではないでしょうか。

特に、ニュースなどで報道されると、
人体に影響がないか気になりますね。

特に、気になるのは、
「PM2.5による症状」ではないでしょうか。

「PM2.5の症状は、花粉症に似ている」と聞きますが、
本当に、そうなのか?

何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

PM2.5の影響による症状は?

一般的に、
PM2.5の影響で、主に気管支系や循環器系、
高血圧に起因する様々な症状が現れます。

PM2.5は粒子が非常に小さい為、肺の奥深くまで入りやすく、
大量に吸い込んだ場合、喘息などの症状を悪化させたり、
肺がんの発症リスクを高めると言われています。

主に、
1.喘息
  呼吸が苦しくなり、重症の場合、
  チアノーゼの症状が見られます。
2.慢性気管支炎
  痰を伴う咳が、頻繁に出ます。
3.肺気腫
  息切れや、咳、痰を伴う咳が出ます。

ニュースなどで、大気中のPM2.5の濃度が高いとの予報が
出ている場合は、できるだけ外出を控え、
目やのどに異常を感じた場合は、洗顔やうがいを行うことを
おすすめします。

PM2.5の人体にはどんな影響?

一般的に、
PM2.5は人体に悪影響を与えます。
その悪影響の程度は、
年齢や妊娠の有無、特に気管支系や循環器系、高血圧の持病を
お持ちかどうかで、大きく変わってきます。

PM2.5は、微小粒子状物質であり、
粒径が、2.5μm(2.5mmの千分の1)以下の粒子状物質です。

このPM2.5を吸い込むことで、
喘息や気管支炎を引き起こします。

粒子が小さいため気管を通過しやすく、
肺胞など気道より奥に付着する為、人体への影響が
大きいとされています。

出来る限り、吸い込まないように対策をする事が大切です。

以下が、PM2.5が人体に与える影響例です。

<幼児や子供さんへの影響>
・気管支系の病気を患うことがあります。
・大人より子供さん、子供さんより幼児という具合に、
 年齢が下がるほど、PM2.5の影響をより多く受けやすくなる
 傾向があります。

<高齢者への影響>
・気管支系の病気を患うことがあります。
・体力の低い高齢者程、PM2.5の影響を、
 より多く受けやすくなる傾向があります。

<妊婦への影響>
・胎児の発育、特に体重や、脳の成長に
 影響を与える可能性があります。
・胎児の発育などを妨げる正確なしくみは
 まだ解っていませんが、妊婦さんは、マスクの常用、
 大気中のPM2.5の濃度が高い場合は外出しないなど、
 特に気をつける必要があります。

スポンサードリンク

<持病(気管支系や循環器系、高血圧)のある方への影響>
・PM2.5の影響で、血圧が上昇することがあります。
・心筋梗塞、心不全、動脈瘤、脳卒中などの病気に
 なりやすくなります。

くれぐれも、気管支系や循環器系、高血圧の持病のある方、
特に、幼児や子供さん、高齢者の方は、ニュースなどで、
日々の大気中のPM2.5の濃度には、十分注意することを
おすすめします。

PM2.5の対策グッズのおすすめは?

一般的に、
PM2.5の対策グッズとしては、マスクと空気清浄機が
その代表的なものになります。

マスクと言っても、花粉症用のマスクでは、
PM2.5は素通りしてしまうので、全く効果がありません。

大気汚染物質のPM2.5は2.5μm以下であるため、
それに対応したマスク(いわゆる、N95マスクなど)が必要です。

 POINT! 

N95マスクは、0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去できる性能のマスクです。
一般人が購入できるマスクとしては、比較的、効果が期待できるマスクです。

ただし、装着時には、顔とマスクとの間に隙間ができないように、
自分の顔にフィットしたマスクを購入することが必要です。

購入前に、必ず試着して、フィット感を確認してから、
購入することをおすすめします。

せっかく、高いマスクを購入しても、顔とマスクの間に
隙間があっては、何の効果もありません。

自宅では、窓を閉め、空気清浄機をフル稼働させましょう。

特に、ニュースなどで、
大気中のPM2.5の濃度が高い予報が出ている時は、
換気を極力控え、空気清浄機を稼働させましょう。

無論、空気清浄機も2.5μm以下の微粒子を、
除去できるものでなければ効果がありません。

PM2.5に含まれる物質には、中国から飛んでくる
ディーゼルの排気微粒子(粒径0.1~0.3μm)などが
含まれており、気管支ぜんそく、肺がんや花粉症などの
健康への影響が懸念されています。

このディーゼルの排気微粒子は、0.1μmの物質まで
有効な空気清浄機でないと除去できません。

空気清浄機を購入される際は、0.1μmの小さな物質まで
除去できるものを購入しましょう。

少々高価ですが、より小さな物質を除去できて、
効果が期待できる空気清浄機を購入される方が安心です。

まとめ

冬から暖かくなると気になりだすのが、
PM2.5ですね。

PM2.5の影響で、主に気管支系や循環器系、
高血圧に起因する様々な症状が現れます。

PM2.5が人体に与える影響は大きく、
年齢や妊娠の有無、特に気管支系や循環器系、
高血圧の持病をお持ちかどうかで、
PM2.5による影響の度合いは変わってきます。

PM2.5の対策グッズとしては、マスクと空気清浄機が
その代表的なものになります。

ニュースなどで、日々、大気中のPM2.5の濃度に注意して、
注意報が出ている時は、出来る限り外出を控えるなど、
対策を怠らないように注意しましょう。

スポンサードリンク

 - 健康 ,