なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

お中元の時期はいつからいつまで?マナーとは?遅れたらどうする?

   

09d9ac749d698b9272b42a9384469279_m_R

日本古来の伝統、お中元!
暑い時期になると、日頃お世話になっているあの方へ
お中元を贈ろうとされている方も多いのではないでしょうか?

毎年の事とは言え、暑さのあまり、
お中元を贈るのをうっかり忘れてたという方も
おられるかもしれませんね。

一体、お中元って、いつからいつまでに贈るのが、
正しいのか?

他に何か気をつけないといけないことはないか、
不安な方は、ここでしっかりと
確認して下さいね。

スポンサードリンク

お中元の時期はいつからいつまで?

基本的に、
お中元を贈る時期は、地域によって多少前後します。

一般的に、
関東地域・・・6月下旬~7月中旬まで
関西地域・・・7月上旬~8月中旬まで
と言われています。

お中元を贈る時に、関東の方と関西の方に贈る場合、
それぞれ異なる時期に届くように手配するのも煩雑ですよね。

POINT!

その場合は、関東地域、関西地域共に、
重複している時期である、
7月上旬~中旬(7月1日~15日)に相手先に
届くように贈ることをおすすめします。

そうすれば、お中元を贈る時期の地域差を、
心配することもありません。

お中元の時期のマナーとは?

基本的に、お中元を頂いた場合、お返しは必要ありません。

スポンサードリンク

お中元の場合は、儀礼的なものなので、お返しは不必要です。

でもお返しを差し上げたからといって、無作法になるわけではありません。

ただしお礼状は早く出しましょう。
電話でお礼を申し上げても良いですが、
はがきでお礼状を送る方が丁寧なのでおすすめです。

またお中元を贈る時の挨拶状ですが、最近では挨拶状を
同梱されることは、ほとんどありませんので、
省略されても何ら問題ありません。

どうしても同梱されたい場合は、「いつもお世話になっております」
程度でいいのではないでしょうか。

またお中元を贈る時期に、たまたま相手様にご不幸があった場合は、
お中元の代わりに、「喪中のお供え物」に変更して、
贈ることをおすすめします。

贈る品物は、時期が時期ですから、
保存がきく、乾物系、お茶やコーヒー、紅茶などが
良いでしょう。

お中元の時期に遅れたらどうする?

お中元の時期は地域によって多少前後しますが、
一般的に、お盆である8月中旬までに贈るようにしましょう。

お中元を贈るのが遅れて、立秋を過ぎた場合は、
残暑お見舞いとして贈るのが良いでしょう。

いずれにせよ、お中元を贈るのをうっかり忘れていた場合、
盆を過ぎて贈っては、逆に失礼にあたるのではないかと
心配されてそのまま贈らずにおくのは、相手様にあなたの本意が
伝わりませんので、よろしくありません。

遅くなっても、「残暑お見舞い」として
贈ることをおすすめします。

まとめ

お中元は、贈る時期が地域毎に多少前後します。
地域差を考慮して、7月の上旬~中旬に、相手に届くように
贈るのがベストです。

何を贈るにしろ、相手様の立場になって、
商品を選ぶことが最も大切です。

逆にお中元を頂いたら、はがきでお礼状を書いて
送ることをおすすめします。

日頃お世話になっているあの方へ贈るお中元、
心を込めて贈りましょう!

スポンサードリンク

 - 年間行事 ,