なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

危篤にかける言葉を彼氏には何と言うべきか?彼氏の家族が危篤の場合は?

   

大切な人が危篤状態になってしまったら、大きなショックを受けますよね。

実際に彼氏や、彼氏の家族が危篤状態になってしまったら
どんな言葉をかけたら良いのか、心底悩んでしまいますよね。

今回は、「彼氏や、彼氏の家族が危篤の時にかける言葉」について、
調べてみました。

身内ではない人への言葉のかけ方に悩んだ時は、
是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

危篤にかける言葉を彼氏には何と言うべきか?

基本的に、彼氏が安らかに過ごせるように、
心のこもった温かい言葉をかけてあげましょう。

「危篤」とは、回復する見込みがない危険な状態を差します。

意識がない人もいれば、周囲の人と会話出来る程、
はっきりした意識を持っている人も存在します。

彼氏が危篤状態と言われても、彼氏自身と会話出来るケースもあるのです。
大変な状況の中で、危篤の本人に、
どんな言葉をかけてあげたら良いのでしょうか。

●励ましの言葉を伝える:
 「生きたい」という強い気持ちが、
 危篤から回復する力になる場合もあります。
 彼氏と会話することが出来る場合は、
 直接励ましの言葉をかけてあげましょう。

 ・これからも共に過ごしたい
 ・一緒に行きたい場所がある

 など「未来を想像する」言葉も、強い力になります。
 二人で行きたいと約束していた場所など、
 具体的な言葉を出すのも良いでしょう。

●二人の思い出を話す:
 付き合ってから初めてのデートや、旅行・クリスマスなど、
 二人で過ごした思い出について話をするのもオススメです。
 二人だけの思い出は、彼氏にとっても特別に楽しかった出来事ですから。

 危篤状態に陥ると、苦しみを抱えてしまう人もいます。
 楽しい思い出に浸ることで、心身の苦しさを紛らわせて
 安らかな気持ちになることが出来るでしょう。

●感謝の言葉を伝える:
 危篤は医師も手の施しようがない程、危険な状態と言われています。
 今まで伝えていなかった日頃の感謝の言葉を、
 本人に直接伝えられる、最後のチャンスとなる可能性があります。

 ・「出会ってくれてありがとう」
 ・「付き合うことが出来て幸せを感じている」
 ・・・など、かけがえのない存在であることを、
 彼氏に改めて伝えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

●ネガティブな言葉は使わない:
 危篤状態の場合は、本人が心身ともに苦しんでいるケースが多いです。
 彼氏が嫌な思いや辛い想いを感じないように、
 ネガティブな言い回しは避けた方が良いでしょう。

 彼氏の危うい状態を見て、
 ・「一人にしないで」
 ・「もっと側にいて」
 など、ショックで悲しみをぶつけたくなるかもしれません。

 POINT! 

 しかし一番ツラいのは、「苦しんでいる彼本人」ということを、
 忘れないことが大切です。

 彼氏が安らかな気持ちになれるように、温かい言葉をかけてあげましょう。

危篤にかける言葉を彼氏の家族が危篤の場合は何と言うべきか?

基本的に、「何かできることがあったら、連絡してね」と、
メールやLINEにメッセージを残しておき、様子をみることをオススメします。

彼氏の家族が危篤状態になっている時は、
どんな言葉をかけたらいいか迷いますよね。

彼女という立場は、血縁関係ではないものの、
友人よりも近しい存在です。
難しい立場の「彼女」から、かけられる言葉を調べてみました。

●自分の立場から、「何か出来ることはないか」聞いてみる:
 大切な人の家族が危篤状態になれば、心配になりますよね。
 そんな時は彼氏に「何か力になりたい」という旨を伝えてみましょう。

 気を遣い過ぎてしまうと、彼氏の負担になってしまう可能性もあります。
 そっとしておいて欲しいタイミングや、側にいて欲しい時は
 人によって感じ方が異なります。
 彼氏に優しく、何が出来るのかを問いかけてみてはいかがでしょうか。

●「いつでも連絡してね」と伝言を残す:
 家族が危篤状態に陥ると、親族などの対応に忙しくなり、
 慌ただしい時間を過ごすことも多くなります。
 しかしに一人になった途端、気持ちが沈んでしまう人も少なくありません。

 「いつでも連絡してね」と伝言があると、誰かと話したくなった時
 心の拠り所として、頼りにしやすいでしょう。
 何気ない会話が、安心感を与えてくれることもあります。

 電話で直接伝えることが難しい時は、
 メールや、LINEにメッセージを残しておくのがオススメです。

 返信が来ない時は、心身ともに忙しい時なのだと思い、
 返信の催促はせず、彼氏から連絡が来るまで見守ってあげましょう。

まとめ

危篤状態と聞くと、大きなショックを受けますよね。
彼氏が危篤になってしまった場合は、
・励ましの言葉
・二人の思い出
など、温かい言葉をかけてあげましょう。
ネガティブな言葉は避け、
何よりも安らかな時間を過ごしてもらうことが大切です。

また彼氏の家族が危篤状態になってしまった時は、
・「何か出来ることはある?」と優しく声をかける
・「いつでも連絡してね」と見守る
深入りをせずに、彼氏の気持ちを尊重した言葉をかけてあげましょう。
無理に催促はせず、一歩引いて見守る姿勢でいると、
彼氏も安心出来ますよね。

危篤状態の時は、大きなショックを受けて、
どんな言葉をかけたらいいかわからず、パニックになりがちです。

彼氏自身が危篤の時や、彼氏の家族が危篤状態になった時は、
今回の内容が少しでも参考になれば嬉しいです。

 - 生活の知恵 ,