なるほどサイト

あなたの「はてな?」に、お答えします!

*

情報弱者とはどういう意味?なぜ損をしやすいのか?対策はどうする?

   

スポンサードリンク

この記事では、
「情報弱者」という言葉の意味となぜ情報弱者が損をしやすいのか、
その理由と損をしない為の対策について、詳しくまとめています。

最近「情報弱者」という言葉をニュースなどで、
耳にされることがあるかと思います。

ネットワーク環境などが以前よりも整備されてきたことにより、
そういったものをきちんと享受できている人と享受できずにいる人が
存在しています。

情報を享受できず、大切なお金を搾取されたりして、
不利益を被っている人のことを、
一般的に「情報弱者」と呼びます。

「情報弱者」に関する内容を詳しくまとめましたので、
是非参考にして下さい。

スポンサードリンク

情報弱者とはどういう意味?

一般的に、
「情報弱者」とは、情報機器を扱えないことなどによって、
本来得ることのできる情報を得ることができず、
不利な立場に追いやられているような立場の人を指します。

例えば、台風などによって、
大雨や洪水の危険がある状況になったとします。

最近は行政からの避難勧告は、
メールなどによって行われることが多いです。

わずかな時間を争うような状況において、
そういった情報を入手できないことは生死に関わります。

この洪水の避難情報などは、
市の防災無線などでも流れるはずです。
しかし、そういった情報がきちんと聞き取れないケースが
よく起こります。

特に台風などによる大雨では、
雨音などの影響でほとんどの場合、
防災無線などは役には立たないと思われます。

その点、メールやSNSなどで情報が入手できるようになっていれば、
的確に情報を入手することができます。

でもそういった手段に不慣れな方たちは、
そういった大切な情報を入手することさえできない場合が
多いのです。

情報弱者はなぜ損をしやすいのか?

基本的に、
情報弱者は、
ネットへのアクセスに疎い方が多く、
そこに存在する無限とも思える情報の中から、
真に正しい情報だけを選び出し、自分の為に活用する、
スキル、経験値が十分ではありません。
その為、どうしても誤った情報を正しいと判断してしまい、
時間とお金を搾取されてしまうことが度々起こってしまうので、
情報弱者は、損をしやすいのです。

ICT機器などの進歩によって、
世の中のあり方が随分と変わってきています。

社会全体が紙に印刷したものを減らしていく傾向にあります。

そういった状況においては、
ネットを利用した情報発信などが増えてきます。

市民生活を送るに当たってそういった状況においては、
損をしてしまうことが多くなります。

また経済的な面でもお金を搾取されたりして、
不利益を被ってしまう場合もあります。

先ほども書いたように、
これまでは紙ベースで発行していたものを、
メールやホームページでの発行に変えることが
増えてきています。

その場合、紙での発行の方がコストが掛かります。

実費負担などの考えで、紙での発行に対して、
それなりのお金を徴収する場合もあります。

現在、各自治体は、
お金のやりくりに苦労している所が多く、
コスト削減のために自治体から住民への情報発信などは、
ネットへ移行していく傾向があります。

情報弱者が損をしない為の対策とは?

基本的に、
情報弱者が損をしない為の対策は、
まずは、パソコンやスマホなどを使って、
ネットへのアクセスに慣れることです。
そして、行政や生涯学習センターなどが開催する、
情報弱者向けのセミナーなどに積極的に参加して、
情報の取り扱いに関する正しい知識を吸収しましょう。

情報弱者が外的環境によって影響されているような場合は、
そういった部分を改良していきます。

例えば、非常に古い携帯電話を使っており、
その影響で、インターネットを見ることができないなどです。
そういった場合は、買い替えをしていくことで解決ができます。

スマートフォンへの買い換えなどは、
それ程コストがかかる事ではありません。

電波状態が悪く、
安定してインターネット環境にアクセスができないことが、
原因の「情報弱者」というケースもあります。

そういった場合は、
補助アンテナなどを設置することで対応ができる場合もあります。

また、キャリアを変える事で解決できる場合もあります。
あるエリアでは、
ドコモの場合は電波状態が悪くうまく活用できないけれども、
他社の場合は安定して受信できるという場合もあります。
専門の人に相談すると良いです。

「情報弱者」が機種や電波などの外的要因でない場合は、
割合簡単です。

情報機器の扱い方を誰かに習えば良いからです。
オススメなものは、行政が実施しているセミナーなどです。
行政も「情報弱者」のことを認識しており、
そういった人への対策としてセミナーなどを実施しています。
費用は無料のものから実費程度の費用を払うものまであります。
どちらにしても安いことは確かです。

 POINT! 

行政だけでなく、生涯学習センターのような民間の施設が、
情報弱者向けのセミナーを企画している場合もあります。
そういったセミナーなどでは、
受講生のレベルに合った取り組みをしてくれます。

苦手な人が困っている部分についてよく分かっているので、
とても効率の良い学びができるので、
積極的に受講されることをおすすめします。

教えることに関して、身内などに聞くという方法もあります。
費用も掛からないので良いと思われますが、
あまりおすすめできません。

身内では、どうしても教える人が、
面倒に感じてしまい、
正しく教えてもらえない場合が良くあるからです。

まとめ

この記事では、
「情報弱者」という言葉の意味と
なぜ情報弱者が損をしやすいのか、
その理由と損をしない為の対策について、
詳しくまとめました。

現在は効率性の観点から、
どんどんデジタル化されてきています。

情報機器を扱えず、
ネット上に溢れている情報に不慣れな為に、
本来得ることのできる情報を得ることができず、
不利な立場に追いやられている人を、情報弱者と呼ぶこと。

情報弱者は、
ネットに存在する無限とも思える情報の中から、
真に正しい情報だけを選び出し、自分の為に活用する、
スキル、経験値が十分でない為、誤った情報に踊らされ、
損をするケースが多いこと。

情報弱者が損をしない為の対策は、
パソコンやスマホでネットへのアクセスに慣れ、
行政や生涯学習センターなどが開催する、
情報弱者向けのセミナーなどに積極的に参加して、
情報の取り扱いについて学ぶことが大切であることを
ご説明しました。

現在は、あらゆるものがネット経由で手に入ります。
そういった状況下では、早く情報弱者を脱しないと、
損をしてしまいかねません。

この記事が、あなたがネット生活で損をしない為に、
少しでもお役に立ちましたら、とても嬉しいです。

スポンサードリンク

 - ライフスタイル ,